成長株投資にも損切り設定を!!

 PER, ナンピン・売り乗せ, 成長株, 損切り・ロスカット  成長株投資にも損切り設定を!! はコメントを受け付けていません。
12月 202017
 

この雑誌の記事70ページにありました。

元お笑い芸人「シンブン」の井村俊哉氏が
株で億超えしたので
今年2017年に芸人を引退したそうです。

彼の投資手法は
成長株に中長期投資で

http://news830.com/

このサイトを参考にして
毎年20%以上の売上げが伸びている企業を見つけ
PERの低いものを選ぶそうです。

下の図を見て下さい。

アライドアーキテクツ(6081)を
1500円で1万株買い
1100円でさらに1万株ナンピン買い
[計2万株]
1400円で1万株を利確(+300万円)
[計1万株]
1800円で4000株買い増し
[計1万4000株]
3800円ですべて売却して利確(+3000万円)

こんなんでは彼はいずれ退場するよ。

●理由①

1500円で買った株が1100円まで下がった。
(30%も下落)
もしその後さらに下がったとしたら
追加でナンピン買いしたか?
1100円のナンピン玉を1500円まで待てずに
1400円で利確したということは
最初の1500円まで行かないかもという心理がある。
その時点でなぜ1500円の玉を損切りしなかったのか?

●理由②

1800円で買い増しした時、
なぜ1万株ではなく半分以下の4000株だけだったのか?
下がっているからもっと下がるかもしれないぞ。
そう考えて1万株の買いは怖かった。
それならなぜ1500円の玉を利確しなかったのか?
(一時は3000円超えたしなぁ)
怖かったのなら素直に玉を減らして
ナンピンに備えればいい。

私は成長株投資が好きで
株を始めた当初は熱心にしていた。
ナンピンも喜んでした。
ただそれをしていくと○○ショックで退場する。
事実リーマンショックの下落と津波で1度退場し、
株は下がるものだから空売りだぞと
今度はテーマ銘柄を空売りしまくり退場した。

どんな投資法でも言える。
必ずここまでの株価になったら
いったん損切りしようと考え
それを断行してほしい。
でないといつか退場する。

資金さえあればいつでもチャンスはある。
減らした資金を取り戻せる。

そのためにやらないといけないのが損切りなのです。

損切りを完全に理解すること。

 ※詐欺・犯罪, ナンピン・売り乗せ, 仮想通貨, 損切り・ロスカット  損切りを完全に理解すること。 はコメントを受け付けていません。
9月 092017
 

与沢翼という人が
仮想通貨にのめり込んでいる。
以前はFXの塾を開催していたのに
なぜ仮想通貨をし出したか?

1、FXで大損した
2、FXで思うように増やすことができない

彼は阿部悠人という青年の
ビリオネアコインアカデミー(仮想通貨塾)を宣伝している。

阿部氏のサイト:http://abeyuto.com/profile/
以前はメルカリで稼いだ人でしたが
アカウント停止で辞めてしまったようです。

なぜ宣伝しているのかと言えば
販売報酬が手に入るから。

与沢氏がFXで稼げていないことが読み取れますね。

なぜ彼が稼げないのか分かりますか?

現状で仮想通貨は下げてもまた上がっていく。
だからナンピン買いしてもいずれ報われる。
でもFXはナンピンしたらどんどん含み損が貯まる。
だから素人はナンピンでいつかは一発退場してしまう。
(私もそうでした)

彼は損切りが怖いので逃げている。
だから仮想通貨に手を出すようになった。

仮想通貨であってもピークはあるし、
下げる時はどんどん下げる。
変動相場だから。

どうすればいいのかというと
「損切り」というものを理解することです。
人間は未知のものに恐怖心を抱くが、
理解ができてしまえば怖くなくなる。

仮想通貨に手を出す前に
損切りについて勉強してほしいと願う。

追記:
阿部氏の塾に入っても
すべての塾生が稼ぐことは不可能です。
なぜならゼロサムゲームだから。
ということは
「必ず稼がせると約束する」のは嘘ですね。

損切りできるだけでもスゴイ。

 うつうつおじさん, ナンピン・売り乗せ, プロ, 損切り・ロスカット  損切りできるだけでもスゴイ。 はコメントを受け付けていません。
4月 262017
 

このうつうつおじさんは
トレードがうまいのかヘタなのかと言えば
私はうまいと思う。

http://ervinia.blog.fc2.com/

なぜなら損切り(ロスカット)をしっかり行っているから。
しかもナンピン買いもしていない。

なぜ彼がこんなに下がった株なのに
ナンピン買いをしないその理由は分からない。

ソディック:2000株(含み損128万円)
りそな銀行:1000株(含み損265万円)

100株でも買い増してやれば
取得平均額を安くできるのに。
でも彼はしていない。

「ナンピンは危険だ」ということを
経験則として知っているのだろうか。

損切りっていうのは
傍で見てるより相当痛い。
自分の大事なお金の減少を確定させる行為は
(やった者なら分かるが)
カネが減るという痛みだけではない
自分の労役を水の泡とさせる
何とも形容しがたい徒労感を覚えさせる。

・懸命に稼いだお金
・知識と情報の果てに選んだ銘柄
・勇気を出してエントリーしたポジション

期待の方向とは裏腹に
含み損がどんどん膨れ上がる。

「なんじゃこりゃぁ!?」

プロはお金をお金として見ていない。
増減するお金の数値はコインやお札ではなく
ストップウォッチのデジタル数字のようなものだと。

うつうつおじさん、
りそなとソディックを切れ。
お別れするんだ。

思考の足を引っ張っているよ。
その証拠がトヨタやKDDIのトレード。

りそなやソディックが上がるためには
それよりも優良企業である
トヨタやKDDIが上がらなきゃダメだろ。
買いだ。
下げてもすぐに戻るはずだ。

結局は損切りが遅くなって
2銘柄で15万円ほどの損を出した。

塩漬け株は処分するんだ。
ノーポジで頭スッキリした状態でトレードする。

損切れ!!
バイバイって。

ナンピンは退場予備軍。

 トレード動画, ナンピン・売り乗せ, ヒサヨシ, 情報教材  ナンピンは退場予備軍。 はコメントを受け付けていません。
4月 012017
 

FXトレーダーのヒサヨシという方は
稼いでいると自称している。
この人はナンピンをしている。

ドル円のショート

結果は粘りに粘ってプラス決済できています。

もしそのままドル円が上昇し続けたらどうする気だった?
いつかは損切りをしないと退場してしまうよ。

彼のブログ:http://hisa.fxkonosuke.com/

手法はボリンジャーバンド。
FX歴は何年か分かりませんが、
おそらく2015年からかな。
情報商材のレターから推測した。

※買わなくてもいいですから!!

『ヒサヨシマニュアル』(29800円)

私は彼はいずれ退場すると思う。
ナンピン戦略を採用していれば
一方通行に相場が動いた時に強制決済で退場。
必ずそうなる。
早いか遅いかだけの違いで
絶対に退場してしまう。
それはプロトレーダーの人なら誰しも体験済みのこと。

ヒサヨシさんには早めに気づいてほしい。
「予想は当たらない」ということに。
でもダメだろう。
損切りは痛みを伴うゆえに。

ナンピンは禁じる、がいい。

 ナンピン・売り乗せ, 損切り・ロスカット, 書籍, 秋津学  ナンピンは禁じる、がいい。 はコメントを受け付けていません。
3月 232017
 

秋津学さんのこの電子書籍に
ロスカット12原則が書かれてあり、
その3に「ナンピンは極力しない」とある。

抜粋してみる。

ナンピンは禁じ手と理解してください。
ナンピン自体、すでに判断の失敗を意味していますから、
ロスカットで自分の誤りを認めて、
次のトレードへ新たな気持ちで進むべきです。
ナンピンすると、資金は倍要るわけで、
チャンスに応じるためのキャッシュ・ポジションが少なくなります。

でもどうしてもナンピンしたいならば、
『ロスカット式ナンピン法』を使うといいと言う。

それはロスカットした後に
(ドデンに転じること以外で)
さらに下がったところで観察をしながら
買いポイントだと判断できるところで買い直すことです。

※厳密にはそれはナンピンとは言わないと
秋津さんも書籍の中で注釈を入れてます。

私はこれに大賛成です。
どうしてなのかと言うと
ロスカットを迅速に行わなければ
必ずいつかは退場してしまうので、
ナンピンはその迅速さを殺す行為だからです。

『損小利大』

これがトレードで勝つ黄金の四文字ですよ。

永井翔さんは内田さんの弟子だろう(推測)

 ナンピン・売り乗せ, 内田博史, 損切り・ロスカット, 永井翔  永井翔さんは内田さんの弟子だろう(推測) はコメントを受け付けていません。
1月 022017
 

永井翔というFXトレーダーがいます。
推定資産は現在数億円でしょう。

彼のストーリーをおおざっぱに言う。

・プロ野球選手を目指す社会人野球青年(月給14万円)
・事故によりその夢を断念する
・ヤマト運輸で(希望も持てず)働く
・ある時FXで稼ぐ成金若者が入社してくる
・FXに興味を持ちトライするが負け続ける
・本や教材にも手を出して300万円の借金する

「頑張っている時ほど損して、手を抜いている時は勝ちやすい」

・これに気が付いて『待ち伏せFX』を考案する
・数十万円の資金が2800万円まで増える
・それがリーマンショックの波で30分でゼロになる
(あっという間。茫然自失)

ちょっとこの動画を見て下さい。

彼は2800万円を失う時
ダブルナンピンをしたと言っている。
そして含み損が1200万円になっても
損切りできなかったと告白している。

この資金がゼロになるという事件の後、
彼はどのようにして損切りができるようになったか?

私は自力ではそれは不可能だと思っている。
誰かプロのところへ教えを乞いに行ったと推測する。
誰か?

内田博史氏
このブログの著者です:http://www.cmb-fund.jp/blog/

なぜなら当時ネットにて
損切りを教えているプロの情報を販売していたのは
彼だけだったから。おそらく。
私もそのDVDを中古で買って観たことがある。2009年か2010年に。
『BMS』という下降相場で勝つ空売り手法。
この中ではっきり言っている。

「相場の予想は誰にも分からない。
だから間違えたら損切りをしなさい」と

永井さんはこれをいつ見たのか知りませんが、

「損切りを力説している内田さんに直接教えてもらおう」

もう見栄も外聞も捨てて彼に弟子入りする。
それから検証とルール作りに3年間費やし、
現在の彼に至る。

「大損してやっと気づく損切りの大事さよ」

これをしっかり読んでおいて。
http://www.cmb-fund.jp/blog/

4月 142016
 

負ける・退場してしまう人ほとんどは
以下の条件に見事当てはまっていると言える。

1、損切りできない
2、チキン利食いしてしまう
3、ナンピン買いor売り乗せの連打
4、信用枠一杯でトレード(資金管理の欠如)
5、そもそも相場をなめてる

1と2は、「損小利大」の逆をしている。
3も、「損小」と逆をしている。
4は、身の丈以上の投資をしているから
相場の急変で一発退場の可能性を秘めている。
5は、初心者にありがちで
「こんなに簡単にお金って減るものなの!?」
と知るのが遅すぎて後悔しながら辞める。

勝ちたければ上記の逆を心がければいい。

・損切りを断行する。
・利乗せしていく(注)
・信用枠を使わない。
・捨て金でトレードする

これをキッチリ行なっていれば
半年以内に退場させられることは確実になくなる。

あなたにできますか?
これ、相当難しいことですよ。

注:利乗せとは、上がったら買い増ししていき、
下がったら追撃売りをかけていくこと。

利確10%以上、損切り2%以下。ナンピンなし。

 ナンピン・売り乗せ, 書籍, 株の学校ドットコム  利確10%以上、損切り2%以下。ナンピンなし。 はコメントを受け付けていません。
12月 192015
 

トレード初心者は絶対読め!!

これは窪田剛さんの本です。
彼はトレードで得た利益で
ニューヨークにレストランを経営したり、
ネパールに学校を建設したりと、
トレードの利益で社会貢献をしているトレーダーです。
1981年生まれですから現在は33歳くらいでしょう。

https://www.kabunogakkou.com/

彼は株の学校というオンラインスクールの講師です。
現役トレーダーでもあります。

上の本では株トレードの方法やルールが書かれてあり、
初心者には絶対読んで欲しいものです。
しかしそれを読んで完全に理解したとしても
儲けることはできません。
なぜなら人は損切り(ロスカット)ができないからです。

お金を増やそうと思って株をするのに、
お金が減る行為(損切り)は苦痛以外の何物でもない。

「ヒトは快楽を求めるが、苦労は避けようする動物です」

損切りは本を読んでもできません。
訓練するしかない。

※トレードはスポーツと同じ

そして彼はナンピンをしないと言っています。
つまり含み損が2%以内のうちに素早く損切れということです。
これは塩漬け株を保有しないということを意味してます。

私は過去に株をしていたことがありますが、
資金をすべて失ったのはナンピンしたの原因だからです。
よってナンピンしないという意見はごもっともです。
「ナンピン1回までならOK」
というルールなどを作ってのならいいでしょう。

とにかく相場は9割が負けます。
これから始めようとする人は
どうかそれだけは留意して下さい。
自分だけは大丈夫だと過信しない。
負けることを覚悟してチャレンジするならいいのですが。

違ったら「損切れ!!」というCMBの内田博史さんの投資法。

 CMB研究所, ジェシー・リバモア, ナンピン・売り乗せ, 内田博史, 損切り・ロスカット  違ったら「損切れ!!」というCMBの内田博史さんの投資法。 はコメントを受け付けていません。
12月 182015
 

このブログはトレードにおける
メンタルの重要性を
内田博史というトレーダーが書いている。

http://www.cmb-fund.jp/blog/

私は彼のDVDをヤフオクで買って
彼を拝見したことがあります。
(その後売ってしまったが)
詳しいことは分からなかったが、
違ったら素早く「損切れ」と度々繰り返していました。

どうして損切る必要があるかというと
含み損を抱えてジーと我慢しているより、
早く損切って違う銘柄にエントリーした方が
資金効率がよいからです。

それに上がるか下がるかなんて
かのニュートンでさえ分からないのだから、
(東インド貿易の会社の株を買って大損したらしい)
私らが予想できなくて当たり前。
間違えて当然なのです。

だから躊躇せずに早く損切りしなくてはいけないのです。

彼の投資法はリバモアという投機家を支持していて
大衆は過熱を好む傾向を読み取り、

「上がった株はさらに上がり
下がった株はさらに下がる」

という『順張り』投資法を好んでいるそうです。

詳しくはこの本を参考に。

順張りとは、
買った株がさらに上がったところで買い、
逆に空売りした株が
さらに下がったら買い戻すというものです。

逆張りはその反対で
反発することを狙って、下がった株を買い、
急落するだろうと思って、空売りすることです。

彼は言う。
「ナンピンなんてとんでもない(するな!!)」と。

ナンピンとは買い平均価格を下げるために
下がったら買い増ししていくことです。
(上がった株に空売りをしていくことを売り乗せと言う)

過去に私は株取引きで
むやみにナンピン買いして
多くの資金を失った経験から、
ナンピンや売り乗せには否定的です。
(してもいいが損切りは常に念頭に持つ)

ですが「損切り」というものは
自分の資金が確実にマイナスになることを意味しているので
誰もができないことなのです。

「株で勝てる人は全体の1割以下」

私はトレーダー初心者にアドバイスする。

「損切り」は少しずつでも慣れておくことが必要不可欠です。
FXデモでトレーニングをしてから
リアルマネーで取引に挑戦して下さい。

簡潔に言います。
損切りを練習しなさい。
それができなければ相場に近寄ってはいけない。
株で損をしない方法とは、株をしないこと。

株は本当に難しい。
だから手を出さないという投資法が一番効果があるかもしれませんね。