証券会社・機関投資家が使う板(気配値)はどんなだ?

 値幅制限, 指値注文・成行注文, 機関投資家, 気配値・板  証券会社・機関投資家が使う板(気配値)はどんなだ? はコメントを受け付けていません。
4月 232016
 

私は証券業界で働いたことがないので、
以下は私の妄想だと思って読んで下さい。

私たち個人が目視できる板(気配値)の刻みは

「売気配10:買気配10」

の計20のはずです(OVER除く)。

証券会社や機関投資家は、
これがストップ制限の値すべて
把握できるようになっていると
私は思っている。
なぜならそれを大きなモニター画面で表示させるなんて
技術的にも容易いことだから。

だから指値注文している枚数が
簡単に分かるので
「今買った人はこの値で売りたいんだな」
と想像しやすい。

つまり個人投資家が持たない“武器”
証券会社は持っているということ。

サラリーマンなど仕事の合間に株をしている人は
休み時間などに指値注文を出して
仕事に精を出している。
成行注文はやりにくい環境にある。

だから指値注文の株数も
決してバカにできない売買指標になる。

もしあなたが指値しか置かない人ならば
成行注文も覚えてほしい。

俺たち個人はいつもカモにされているので
それがムカつくから。