10月 182017
 

私の検証方法はこんなこと。
いたって普通だと考えているがどうだろうか。

明日の株価は誰も分からない。
もちろん私も分からない。
だからこそ今日まで表されているチャートを見ながら
自分の持っている知識・経験・カンを総動員して
明日の株価がどうなるかを予想してみる。
(この場合、検証と予想はほぼ同じ意味として扱う)

例えば神戸製鋼(5406)

10月18日までのチャート

私は590円前後まで落ちると予想する。
460円までかもしれない。
なぜなら下値支持線がそれくらいにあるから。

それと2016年2月12日に790円まで落ちている。
それが2017年10月16日に774円まで落ちた。
16円も安値を更新した。
嫌気売りです。
だから私は売り姿勢です。

どう下げていくのかは分からないので
LC幅を20円にして(逆指値を置く)
カンでエントリーする。
920円を超えたらエントリーしない。
売り姿勢は止める。

私は基本的にドテン買いはしない。
ドテン売りはするが。
その理由はいずれ述べることにする。

このような記録を継続して付けていく。
たとえ空論・妄想に終わろうともそれでいい。
後から読み返して
自分の予想がどうであったかを確かめられる。
できれば100株でもいいので実際にエントリーすれば
感情によるルール違反などの記録が取れる。
ロスカットが遅れたり、チキン利食いしてしまったりと。

もう一度言い直してみる。

チャートの真ん中からスタートする検証は無意味。
なぜなら自分一人でやるものだから
それよりも右側をチラとでも見てしまう。
(この銘柄のチャートは少しずつ上がっているぞ)
見なかったとしても本気で真剣にやれますか?

だから検証は右端から始めなければ意味がない。
つまり明日の株価について根拠のある予想をする。
(その根拠はどんな根拠でもいい)
その記録の積み重ねが自分のルールを強固にしていく。

検証&売買日記は必ず読み返す。
これはダメだというものがはっきりと分かれば
以後それを絶対にしない。
これはイケるというものだけを残していくと
だんだんと選定銘柄数やエントリー回数が減る。
暇になっていく。そうなると

「株数と買い増し(追撃売り)をどうするか?」

これに悩むようになるが
今の私はそこまで行っていません。
エントリーに恐怖する心が残っているのが
現時点での私の課題です。

これを克服する方法は
「カネを投じて数多くのLCとチキン利食いを繰り返す
資金を食い尽くすまで」
これしかないと考えている。

相場の道は険しく長そうだ・・・

勝率よりも利幅が取れるのかが問題

 チキン利食い, ボラティリティ, 予想・検証, 銘柄選び  勝率よりも利幅が取れるのかが問題 はコメントを受け付けていません。
10月 172017
 

「上に行くか、下に行くか」
それを当てた回数比率で勝率を導き出せる。

では「どれくらい利幅を取れるのか?」は
そんな勝率からでは分からない。

10回中9回勝てました(勝率90%)
1回で1%の利益を出せました。
(複利でなく単純計算で)9%ほど儲かった。
しかし残り1回で10%の損切りをした。
トータルで1%の損。

『勝率なんてどうでもよくないか?』

勝ち組トレーダーは
【損小利大】を必ず行なっていることは
あなたも理解してくれるだろう。

私は内田博史氏率いるCMBの
MMTというオンライン講義を受けている。
そこで伸び率の出し方は触れていない。
勝率ならば過去のデータ(統計)で出すことは可能です。
私が知りたいのは伸び率なので
統計にはもう興味がない。

※統計を取る意義は、予想は無駄だと気付かせてくれること。

では何に興味があるのかというと
大きく利幅の取らせてくれるボラの高い銘柄です。
(ボラティリティ=変動率)

*ボラの材料は以下の3つ

①:今話題のテーマ関連銘柄
②:決算・事件・事故などのニュース銘柄
③:年に1度か2度ある日経平均の大暴落

①は、今でしたら北朝鮮問題で防衛関連

②は、ヤフーニュースや新聞、
株式ランキングのS高・S安で分かる。

③は、地震や津波、海外からのニュース、外資の意図的な下げ

もしあなたが損小である素早い損切りができていないなら
ボラの低い銘柄かFXで練習してほしいです。
損切りはもう十分できるようになったのならば、
動きの激しい銘柄に挑戦してほしい。

おそらくチキン利食いに苦しむと思いますが。

あなたの理想とするトレーダーはそれをするか?

 BNF, プロ, マインド・メンタル, 損切りずらし・ロスカット拒絶症  あなたの理想とするトレーダーはそれをするか? はコメントを受け付けていません。
9月 112016
 

株式の短期トレーダーで有名なのは
ジェイコムで有名になったBNFさんだが、
彼が塩漬け株をもって

損切りかな、いやもう少し様子を見てからにしよう…
戻るかもしれないし…。それからでも遅くない…
でも戻らず逆に損失が拡大したら嫌だしな…

こんなことをグダグダ考えてトレードしているか?
ポチっと損切りして次のエントリーに備えているはずだ。

これはトレーダーだけの話ではない。

世界のトップアスリートが

あの時の試合、ああしときゃよかった…
なぜあんなプレーをしちゃったのだろう…

こんな終わった試合のことで
いつまでもグダグダ悩んで次の試合をしているか?

悩む暇があったらそれを克服するために
淡々と練習を繰り返し、
その積み上げたものを試合にぶつけるだけだろう。

「いつもと変わらぬ風景で淡々とやっていく姿」

BNFさんに派手さがないのは
日常というルールを乱したくないのだろう。

『理想なるものと今の自分との乖離』

これを埋めていく作業を必須のものとして、
自覚的に自己を変えていく必要があります。

オンラインではコーチできない。

 個人投資家, 塾・スクール, 損切りずらし・ロスカット拒絶症, 石田信一  オンラインではコーチできない。 はコメントを受け付けていません。
8月 072016
 

石田信一というトレーダーがする
トレードコーチングのネット塾の案内を見た。

ここでは紹介動画を載せられないが、
彼の言っている勝てるやり方はほぼ正しい。

1、自分のルールを決める
2、そのルールを当てはめエントリーする
3、ルール通りにイグジットする
(違ったら損切る!!)
4、1~3を繰り返す

相場で勝つ方法はこれしかない。
それを理解させるのにオンラインで力説しても無駄。
なぜなら初心者は損切りができないから。

「損切りできて一人前」

ここに至れるまで多くのカネと時間を失う。
(半年でできた維新の介さんみたいな希少種もいるが)

勝てない、勝てない、どうやっても勝てない
何でこんなに単純なのに勝てないんだ?
勝てる奴って本当にいるの?
何か俺の知らない魔法でも知っているんだろ
それでなければどうやって勝てているのか

途方に暮れて過ごす数年間

本を読んでもダメ
教材買ってもムダ
セミナーに行ったら疲れただけ

「どうしてこうなるか分かりますか?」

損切りから逃れる方法ばかりを模索しているから。
やればやるほどプラスが増えていくと幻想を持っているから。

時給でも月給でも他人の会社で働いていれば
収入がマイナスになることはほぼない。
(突然の会社倒産なら別)

そんな世界で生きていた人が相場に手を出す。
あらゆる情報(本、教材、セミナー)を通して十分知識を得た。

もうこれで大丈夫。俺はがんばった。だから負けない。

そして「これがいいぞ」という銘柄を買った。
そんな時に限って数日後に暴落する。

これはバーゲンのチャンスだ。ナンピン買いしよう
(退場パターンだと知らずに)

そこに勝っているトレーダーがオンラインでアドバイスする。

「間違えたら損切って下さい」
「必ず損切って下さい。でないともっと損をしますよ」

どんなにキツく叫んでも馬耳東風。

損切りだって!? そんなことしたら損するやん
俺はそんなの認めんぞ。なあに、すぐにでも上がっていくさ

と根拠のない幻想を抱き、損切りを先送りする。
下がる時はもっと下がることも知らないで。
(知っていたとしても損切りはできないもの)

3か月後には資金が半分になっていた…

自分の大事な資金が全部ふっとばして
そこでようやく気づく。

あの時言われた通りに損切りしておけば…
でも損切りばかりしてたら資金が増えていかないじゃんか
俺は自分のお金を増やしたいんだよ

損切りがまあまあできるようになっても
全然資金が増えていかない。
損切りを繰り返していても明るい未来が待ってるとは思えない。

コーチングを受けるしかない…

ここでやっと謙虚に学ぶ姿勢を持ってくれる。

オンラインコーチングでは
損切りのハードルを越えさせてやることはできない。
絶対にできません。
なぜなら皆お金を増やしたくて株やFXをするから。

だから石田さんはどうすればいいのかというと

自宅にトレード教室を設えて
そこへ生徒に足を運んでもらって
隣りに立って直に教える。
リアルな臨場感の中で教わるから
生徒さんの上達は早いはずです。

なぜチキン利食いをしてしまうのか?

 チキン利食い, 手法・ルール, 検証・バックテスト  なぜチキン利食いをしてしまうのか? はコメントを受け付けていません。
5月 102016
 

自分が予想する利確ラインまで待てずに、
プラスのうちに早く確定決済してしまえと
よくわずかな利益でポジションを外す時期が
誰しもある。(皆必ず通る道です)
そういう時に限って利が伸びて悔しいですが。

「なぜそこまで待てないのか?」

自分の選んだ手法ルールに自信が持てないから。
もし手法に絶対の自信があれば
余裕でポジションを保有できるはずだ。

それが待ち切れずに決済に走るということは、
本当に自分の手法は勝てる手法なのか
疑心があるからだろう。

これを解消する方法はバックテストをとことんするしかない。
過去のチャートを使って自分の手法を試してみる。
トータルでプラスにできたら
(100%勝てる手法は世界のどこにも存在しない)
その手法はあなたにとって勝てる手法だ。

絶対の自信が持てる手法を手にするまで
あなたはこれを使って日々検証して下さい。

『Forex Tester2』

1年かかってもいい。(2年でもいい)
検証もしくは手法探しに時間をかけて下さい。
(リアルチャートを見ながらでも)
それをしたところで1円も稼げませんが、
無駄な作業では全然なく、
将来にわたって利益をもたらす大事なトレーニング期間です。

この作業をせずにして
マーケットから退場させられることは時間の問題です。
(一か八かのギャンブルをするな)

絶対にバックテストをして下さい!!

※株式トレードでは
分足、時間足のデータがないので
日足で研究するしかないです。

エントリーを増やすほど、資金が減る。

 スキャルピング, ポジポジ病・エントリー中毒  エントリーを増やすほど、資金が減る。 はコメントを受け付けていません。
5月 022016
 

1分足・5分足のスキャルピングで
1日に何十回何百回もエントリーすると
99%の人は資金が減る。

なぜかというと
手数料(スプレッド)があるから。
これがバカにできない。
それにどうしても注文のクイックが遅れたり、
操作ミスが起きてしまう。

だからこのブログを見ている人は
スキャルピングはするな!!

しかもポジポジ病という
ポジションを持っていないと気の済まない
中毒症状を起こす可能性がある。
持つ必要のないところでポジションを持つ。
完全に冷静さを欠いている。
全然ダメ。負けパターンだ。

どうしてエントリーを増やしたくなるのかと言えば

「エントリーの数=利益の積み上げ」

という心理だろう。

それは初級者の幻想です。
正しくは

「エントリーの数=骨折り損のくたびれ儲け」

ですからくれぐれもポジポジ病には気を付けて!!

(損切りがある程度できるようになった人が陥るようです)
(誰でも1度はかかるとも言われてます)

4月 212016
 

損切りができない人は

・チキン利食いしてしまう
・ましてや利乗せなんてできっこない
・ドデン*のことが頭に入っていない
・ナンピンで乗り切ろう

という傾向が強い。

*ドデンとは、どんでん返しの略で
買い派が売り派に変わり、
売り派が買い派に変わること。

下山式トレードでは損切りは不要だとし、
返済期日の6か月後まで粘れと教えてますが、
今日の三菱自動車は
ストップ安で上場来最安値をあっさり更新した。
(三菱自動車は下山銘柄に入ってます)

—————————————
上場後「最安値」=三菱自株
時事通信 4月21日(木)

21日の東京株式市場で、三菱自動車の株価が前日に続き急落した。
終値は制限値幅の下限となる前日比150円安の583円。
同社は2013年7月に株式併合しており、
これを考慮すれば事実上の上場後の最安値になった。

下落率は20%で、全上場銘柄の中で最も大きかった。
三菱自株は大量の売り注文を残したまま、21日の取引を終えた。

—————————————

三菱自動車の株価は下げトレンドでしたから
この銘柄取扱者はナンピン買いをして
買い4:売り1
のポジションの人が多かったのではないでしょうか。

もし損切り設定をして
忠実に損切りしていたら、
最低でも大損は免れたのに。
(これで退場したかもしれないね)

下山投資法はレンジ相場では
爆発的に稼げる安心な手法ですが、
一方通行になればフリーズかアウトです。

私はヤマハでそれを経験していたので
損切りの大切さは身に染みて理解できてます。

内田博史氏がくどいくらい叫んでいる

「違ったら損切れ!!」

とはこういうことだったのです。

私は現在両建て手法を使用していますが、
時々損切りを断行して含み損を軽くしてます。
(自分の投資法を模索中です)

勝てば何でもOKなのですが、
退場したらすべて水の泡になりますので、
退場しないためにも損切りは絶対にして下さい。

4月 142016
 

負ける・退場してしまう人ほとんどは
以下の条件に見事当てはまっていると言える。

1、損切りできない
2、チキン利食いしてしまう
3、ナンピン買いor売り乗せの連打
4、信用枠一杯でトレード(資金管理の欠如)
5、そもそも相場をなめてる

1と2は、「損小利大」の逆をしている。
3も、「損小」と逆をしている。
4は、身の丈以上の投資をしているから
相場の急変で一発退場の可能性を秘めている。
5は、初心者にありがちで
「こんなに簡単にお金って減るものなの!?」
と知るのが遅すぎて後悔しながら辞める。

勝ちたければ上記の逆を心がければいい。

・損切りを断行する。
・利乗せしていく(注)
・信用枠を使わない。
・捨て金でトレードする

これをキッチリ行なっていれば
半年以内に退場させられることは確実になくなる。

あなたにできますか?
これ、相当難しいことですよ。

注:利乗せとは、上がったら買い増ししていき、
下がったら追撃売りをかけていくこと。

3月 062016
 

デモトレードでは上達しません。
全く上達しません。

注文などの操作方法を覚えるためならば
それもいいでしょうが、
お金を稼ぐためにFXをしたいのでしたら
必ず自分のお金を投じる
リアルトレードで練習して下さい。
理由はメンタル・マインドに意識が行かずに
感情の取り組み方を学べないからです。

※トレードでは自分の感情の操作が必須です!!

・エントリーの恐怖に伴う感情
・利確のタイミングでの焦りの感情
・損切りの決断における敗北の感情

これらはデモでは味わえません。



デモトレードならここできますけど。




SBIは1通貨(0.0001ロット)からできて親切です。

なぜこんなに親切かというと
SBIトレードの社員連中は
「やれるもんならやってみろよ」
「どうせお前なんて勝てっこないぜ」
というトレーダーへの軽蔑感があるから。
つまりバカ(カモ)扱いね。