「上がるか下がるか、誰も絶対に分からない」ことをまず知れ。

 デモ・バーチャルトレード, 予想・検証, 損小利大  「上がるか下がるか、誰も絶対に分からない」ことをまず知れ。 はコメントを受け付けていません。
6月 192017
 

万有引力のアイザック・ニュートンでも
東インド会社の株で損をした。
ノーベル経済賞の学者が加わったファンドでも
資金を減らして解散した。

この事実は
「どんな頭脳を以てしてでも相場は予想できないのだ」
と悟らせることに十分な証拠です。

だからあなたが知恵を振り絞った予想を
ことごとく外したとしても
それは当然の結果であり、
当てようと思っている時点で負けている。

「どんな頭脳でも分からない」

それを理解していないのは
相場を理解していないことであり、
理解もできていなくてどうして勝てる?
相場の本質は誰にも分からないという理解を。

ではそんな相場でどうしたら勝てるのか?というと
チャートを見たら分かってくれる。

上がる時はどんどん上がるし、
下がる時はどんどん下がる。
(これは疑いようのない事実)

それをしっかり頭に入れて
伸びると思った時にエントリーする。
伸びたらとことん伸ばす。
(追撃エントリーも考慮する)
イメージと違う、あまり伸びないと判断したら
そこでイグジットする。

逆に伸びなければ切る。
間違えたと思ったら即切る。

要するに『損小利大』です。

では伸びるという判断材料は何とするか?というと
チャートを毎日観察する年月と
売買回数という自身の経験によるものしかない。
つまり習慣化と反復訓練です。

※私は最低1000時間と1000回エントリーが必要だと考える。

上に行くか下に行くか絶対に分からないのだから
エントリールールなど何でもいい。
自分流でいい。
(自分に合ったシンプルルールが継続しやすいのでオススメ)

過去の止まったチャートをいくら見ても
損小利大の訓練ができていなければ資金は減る。

リアルに現在動いているチャートとにらめっこして
バーチャルトレードするだけでも全然違うが、
自分の大事なマネーを突っ込むとなると
真剣度が加わってチャートが迫って見えてくる。

経験の少ない者は自分のお金を取られるという恐怖で
胃が痛くなることもあるだろう。
チャートはただただ動きに任せているだけに過ぎないのに。

「毎日のバーチャルトレードと
資金を賭けた売買回数の多さ」

相場への恐怖の克服や
損小利大に慣れてきたら
資金量を上げていく。

初心者はとにかく経験値を増やそう。
そうすれば「分からない」ことを理解してくれるはずだ。

6月 092016
 

本・教材を買って
少し分かった気になって
大事なゼニを突っ込んで
まぐれにも勝ったとする。

「俺、これで食えるわ」

調子に乗って(会社を辞めて)
投資金を増やし、
チャートに入れ込む。
見れば見るほどエントリーしたくなる。
「俺は勝った男だぞ」と盲信しているから。

意に反してエントリーすればするほど負けて、
資金がどんどん減っていく。

「あれ、おかしいな。勝てないぞ」
「そんなはずはねぇ。ノウハウ通りにやれば勝てるはず…」

資金が1か月もかからずに半分になってしまった。

「最初に勝ったのは偶然だったのか?」
「もしかしたらこのノウハウは完璧じゃないんだ」
「もっといい方法を探そう」

ノウハウ放浪者の誕生。
(3~4年間さすらう)
(働いてやっと稼いだ資金も溶けていく)

さんざん悩み苦しんでやっと相場の本質に気づく。

「相場の行方は誰にも分からん」
(アイザック・ニュートンでさえ)
「相場に絶対を求めていた俺はバカだ」
「誰にも分からん株価を当てるなんて不可能だ」
「だから間違えても仕方ない。負けてもいいんだ」

損切りが大事だぞということに深く気づく。

『損切り=経費=鎮痛剤の役割』

しかも何の躊躇や痛みもなく損切る必要がある。
儲けたいという感情が邪魔して
ロスカットが遅れるし、
チキン利食いで増えないから。

「勝てる見込みの高いルールを決めよう」

ルール通りに忠実にやれば
感情は必要ない。
プログラム通りに動くロボットになればいい。

「よし、トータルで勝てるルールを探すぞ」

(ここまで来るのに4~5年か)

その後ルール作りとトレーニングの日々。

・検証
・ルール確立
・無意識までそれを浸透させる
・何の感情も伴わないエントリーとイグジット

少しずつだがプラスが増えていって
やっと光を見出す。

(ここまで8~10年)

11年目くらいでプロになれる資格を得られる。
もっとかかる人もいると思うが、
99%は中途で挫折するので10年も経過できない。
逆に10年以上相場と付き合っている人は
その怖さややり切れなさを熟知している。

(今よこやりが聞こえてきそうだ)

何何、そんなに待てるもんか?
勝っているプロに教えてもらえればすぐ勝てるさ?

甘い。
プロ野球の選手に聞いたところでうまくならないだろ。
みっちりと毎日のトレーニングは欠かさずやる。

・基礎体力作り
・基礎練習
・本番へのメンタルトレーニング

相場で勝つのも地道なトレーニングがあってこそ。

「クリック1つで簡単に儲かるトレード法」なんて
バカ言ってんじゃねぇぞ、詐欺どもが!!!

10年早いわ。

3月 062016
 

デモトレードでは上達しません。
全く上達しません。

注文などの操作方法を覚えるためならば
それもいいでしょうが、
お金を稼ぐためにFXをしたいのでしたら
必ず自分のお金を投じる
リアルトレードで練習して下さい。
理由はメンタル・マインドに意識が行かずに
感情の取り組み方を学べないからです。

※トレードでは自分の感情の操作が必須です!!

・エントリーの恐怖に伴う感情
・利確のタイミングでの焦りの感情
・損切りの決断における敗北の感情

これらはデモでは味わえません。



デモトレードならここできますけど。




SBIは1通貨(0.0001ロット)からできて親切です。

なぜこんなに親切かというと
SBIトレードの社員連中は
「やれるもんならやってみろよ」
「どうせお前なんて勝てっこないぜ」
というトレーダーへの軽蔑感があるから。
つまりバカ(カモ)扱いね。

12月 182015
 

損切りが出来なければ
いつか必ず資金をすべて無くし、
退場することになります。
これは私が断言します。
なぜならそれはナンピンの繰り返しを
意味しているからです。

損切りを練習するために
数十円~数百円からできるFXをして下さい。

何とSBI FXトレードでは1通貨単位で取引ができます。
(1通貨とは1ドルとか1ユーロということです)

私の利用しているみんなのFXやDMMでは
1万通貨(1ロット)単位ですから、
最低保証金は5万円くらい必要です。

1ロット:1万通貨(海外では10万通貨)
0.1ロット:1000通貨
0.01ロット:100通貨
0.001:10通貨
0.0001:1通貨

1通貨なんてアホらしいので、
初心者は1000通貨単位ですればいいと思います。

デモ口座ではやっぱり気持ちがいい加減になります。
必ずリアルマネーを使って体感として覚えて下さい。

SBI FX