「上がるか下がるか、誰も絶対に分からない」ことをまず知れ。

 デモ・バーチャルトレード, 予想・検証, 損小利大  「上がるか下がるか、誰も絶対に分からない」ことをまず知れ。 はコメントを受け付けていません。
6月 192017
 

万有引力のアイザック・ニュートンでも
東インド会社の株で損をした。
ノーベル経済賞の学者が加わったファンドでも
資金を減らして解散した。

この事実は
「どんな頭脳を以てしてでも相場は予想できないのだ」
と悟らせることに十分な証拠です。

だからあなたが知恵を振り絞った予想を
ことごとく外したとしても
それは当然の結果であり、
当てようと思っている時点で負けている。

「どんな頭脳でも分からない」

それを理解していないのは
相場を理解していないことであり、
理解もできていなくてどうして勝てる?
相場の本質は誰にも分からないという理解を。

ではそんな相場でどうしたら勝てるのか?というと
チャートを見たら分かってくれる。

上がる時はどんどん上がるし、
下がる時はどんどん下がる。
(これは疑いようのない事実)

それをしっかり頭に入れて
伸びると思った時にエントリーする。
伸びたらとことん伸ばす。
(追撃エントリーも考慮する)
イメージと違う、あまり伸びないと判断したら
そこでイグジットする。

逆に伸びなければ切る。
間違えたと思ったら即切る。

要するに『損小利大』です。

では伸びるという判断材料は何とするか?というと
チャートを毎日観察する年月と
売買回数という自身の経験によるものしかない。
つまり習慣化と反復訓練です。

※私は最低1000時間と1000回エントリーが必要だと考える。

上に行くか下に行くか絶対に分からないのだから
エントリールールなど何でもいい。
自分流でいい。
(自分に合ったシンプルルールが継続しやすいのでオススメ)

過去の止まったチャートをいくら見ても
損小利大の訓練ができていなければ資金は減る。

リアルに現在動いているチャートとにらめっこして
バーチャルトレードするだけでも全然違うが、
自分の大事なマネーを突っ込むとなると
真剣度が加わってチャートが迫って見えてくる。

経験の少ない者は自分のお金を取られるという恐怖で
胃が痛くなることもあるだろう。
チャートはただただ動きに任せているだけに過ぎないのに。

「毎日のバーチャルトレードと
資金を賭けた売買回数の多さ」

相場への恐怖の克服や
損小利大に慣れてきたら
資金量を上げていく。

初心者はとにかく経験値を増やそう。
そうすれば「分からない」ことを理解してくれるはずだ。

私の手法は「損小利大」です。

 塩漬けマン, 損小利大  私の手法は「損小利大」です。 はコメントを受け付けていません。
6月 052017
 

下のブログの塩漬けマンさんの言う通りです。
6月3日付けを読んで下さい。

http://shiodukeman.blog.fc2.com/

(以下抜粋)

テクニカルで勝つ人は
損切は素早く利確は遅く
損少利大
多数の微損切と少数の大利確
で勝っています。
※スキャとかはまた別だと思いますが

つまり、エッジのある取引を多数繰り返せば、
一回一回のトレードでは
損切が多く70%負けていても、
30%の利確が大きいので、
利益では最終的には100%勝つのです。

これは材料株マネゲでも同じです。
日々マネゲ銘柄にインしてJCだったり、
外れだったりで損切ばかりでも、
大相場になるマネゲに一回乗れれば、
それが1年のほとんどの利益を稼ぐ事もあります。
従って損切は早く少額である程良いのです。
その方が多くのマネゲに参加出来ますから。
多く参加すればするほど
当たりにヒットする可能性が上がります。
後は材料を精査する力と板読み等により
当たりにイン&ホールド出来る確率を上げて
エッジを増やしていきます。

注釈:エッジとは伸び率の高さのことでしょう。

小さな損切りにより
エントリー回数を増やす。
たくさん撃てば利が出るものに当たる。
そうしたら忍耐で伸ばしていく。
(買い増し・追撃売りもやっていきたい)

『損小利大』こそ唯一勝つ方法だと信じてます。

ということは勝率は関係ない。
勝率を上げようなんて思ったら負ける。
勝とうと思うな、きれいに負けろ。
ということですね。

私がこれに気付くのに何年かかったか…

自分の売買ルールを死守できるか?

 エントリー&イグジット, 損小利大, 自分の売買ルール, 資金管理  自分の売買ルールを死守できるか? はコメントを受け付けていません。
12月 102016
 

損切りが大事だと理解するまで
多くのカネを失う。
その経過で
「こういう時は上がりやすいな」
「こんなチャートは下げやすいぞ」
ということを経験する。
それを記録し検証していくと
自分の売買ルールができてくる。

できていないという人は
ギャンブル(勘)でやっているから、
売買日記をつけて
後から客観的に日記を見つめてほしい。
俺のやっているトレードは
デタラメじゃないかと気づけるから。

売買ルールは

1、エントリーのタイミング
2、リスクリワード(損小利大)の設定
3、資金管理(身の丈投資)

この3つを明確にしたものであること。
でなければ資金は増えない。
もしくは苦痛になって挫折してしまう。

が何よりも重要なことは

「そのルールは本当に信じ守り続けられるものか?」

それを自分に問うてほしい。
疑心があるなら再度ルール作りに挑戦です。

★売買ルールはシンプルな方がいい。

株・FX初心者は
自分の売買ルールを確立するのに全力すべきです。
資金が減ってもいい。
それは決して無駄なお金ではない。

どこを探しても聖杯なんてないのです。
人の生き方に一流も二流もないのと同様に、
どんなつまらないルールであっても
あなた自身が「これだ!!」というものを手に入れてほしい。
それがあなたにとっての聖杯です。

相場でのあり方というのは、
あなたの生き方をよく表してくれています。

『ブレずに守り抜く人生哲学』

相場に出会えてよかった。