ナンピンは禁じる、がいい。

 ナンピン・売り乗せ, 損切り・ロスカット, 書籍, 秋津学  ナンピンは禁じる、がいい。 はコメントを受け付けていません。
3月 232017
 

秋津学さんのこの電子書籍に
ロスカット12原則が書かれてあり、
その3に「ナンピンは極力しない」とある。

抜粋してみる。

ナンピンは禁じ手と理解してください。
ナンピン自体、すでに判断の失敗を意味していますから、
ロスカットで自分の誤りを認めて、
次のトレードへ新たな気持ちで進むべきです。
ナンピンすると、資金は倍要るわけで、
チャンスに応じるためのキャッシュ・ポジションが少なくなります。

でもどうしてもナンピンしたいならば、
『ロスカット式ナンピン法』を使うといいと言う。

それはロスカットした後に
(ドデンに転じること以外で)
さらに下がったところで観察をしながら
買いポイントだと判断できるところで買い直すことです。

※厳密にはそれはナンピンとは言わないと
秋津さんも書籍の中で注釈を入れてます。

私はこれに大賛成です。
どうしてなのかと言うと
ロスカットを迅速に行わなければ
必ずいつかは退場してしまうので、
ナンピンはその迅速さを殺す行為だからです。

『損小利大』

これがトレードで勝つ黄金の四文字ですよ。