外資系は間違えたら、速攻で切る。問答無用の容赦なしに。

 S安, テーマ株・旬な株, 外資系, 機関投資家, 資金管理  外資系は間違えたら、速攻で切る。問答無用の容赦なしに。 はコメントを受け付けていません。
10月 082017
 

昔、空売りを覚えたての頃
ある銘柄を空売りした。
その銘柄のヤフー掲示板にて
私がいろいろ意見を投稿していく中で
ある投稿者が言っていた。

「外資機関投資家は間違いと分かったら
S安3連チャンになろうとかまわず売ってくる」

「そんなことは個人ではなかなかできないな」と。

ブラックロックという巨大な資産運用会社が
防衛関連銘柄(兵器を作っている企業)の
石川製作所(6208)や豊和工業(6203)を買っている。
今その二社とも大きく値上がりしている。

このブラックロックという会社のWikiを読むと
運用資産は500兆円で1988年にスタートしている。

たった30年でこんなに増やせるわけがない。
どうしたら一気に増やしていけるのかというと
10年以上の長期保有するのではなく、
数ヶ月~数年で売買を繰り返しているから。
(数週間かもしれない)

私は上に挙げた二社が下がると言わない。
だがこれはダメだと判断が下されたら
ブラックロックは容赦なく売ってくる。
素早く全部処分してスッキリする。

下がったところで一気に買い上げて
上がったところを狙って再度売る。

そんな回りくどいことはしない。
なぜなら傷口は早く止血しなくてはならないから。
遅れればもっと損失(失血)が膨らむ。

現在の日本の株式市場の参加者は
外資系が50%以上です。
日本の個人投資家はビビって参入してこない。
もしくはお祭り騒ぎに気を良くしてようやく買ってくる。
バカだ。

何が言いたいのか。

「我々個人がそんな外資系といかにやり合うか」だ。

負けない方法はこの1つ。

「違ったら素早く損切り」

これしかない。
外資と同じだ。

外資系のこのやり方を絶えず頭に入れておいて欲しい。

つまりS安3連チャンになっても
退場にならずに済む資金管理の徹底をお願いする。