仮想通貨はまだ導入期。成長期ですらない。

 仮想通貨, 菅下清廣  仮想通貨はまだ導入期。成長期ですらない。 はコメントを受け付けていません。
3月 312018
 

菅下清廣氏の最新本からの情報です。

ビットコイン相場は
2017年12月で付けた200万円から
2018年に入ってどんどん下落していき、
70万円台まで下がってしまった。
(2018年4月1日時点)

その下落理由は4つ

1、先物市場での大口の売り浴びせ
2、国際的な規制強化
3、個人投資家の投げ売り(ロスカット)
4、上場投資信託の不認可

それでも菅下さんは
世界にダブつく「カネ余り現象」は継続中で
そのマネーは仮想通貨市場へ流入し
大きな富を得るチャンスだと言う。
もちろんハイリスク・ハイリターンだが。

日本にいる日本人にはパッとしないことだが、
自国通貨が不安定なアフリカ諸国では
花嫁への結納にはビットコインを要求されている。
なぜならビットコインは自国通貨よりも不安定でないし、
国際的な金融資産だから。

「仮想通貨はグローバルな金融財産」

まだ日本では仮想通貨の所得は
“雑所得”として扱われている。
これは最高55%の税率が適用される。
だから含み益が出ても利益確定売りをしない投資家もいる。

株式の譲渡益課税は一律20%ほどで
過去5年分の損金を控除できる税法が取られている。

ビットコインは現金と交換できるので
有価証券のような金融商品です。

ビットコインなどの仮想通貨を
雑所得扱いするのは明かな矛盾です。
近いうちに法律が改正されるでしょう。

アメリカのコダックがICOで5000億円集めた。
メルカリも仮想通貨決済を導入すると発表。
(ICOによる資金調達も検討しているとか)

こうした状況から判断すると菅下さんは
仮想通貨が法定通貨を駆逐するのではないか、
キャッシュレス時代には仮想通貨で取引されるのが
我々の一般常識になるのではないか、
そんな想像をする。

現に中国では財布を持たない人が大勢で
老人でさえも決済はすべてスマホでする。
逆に現金支払いはお断りされることがあるほどに。

「中国はフィンテック先進国」

ICOによる資金調達(信用創造)は禁止されているが
中国ではデジタル決済の普及率は世界一。
日本でもいずれそうなる。

1円コイン=1円

きっと政府は円をブロックチェーンによる暗号化して
キャッシュレス化を推進していくだろう。
2020年の五輪の頃には
若い世代の間でスマホ決済が普通になる。

その時仮想通貨は仮想扱いされずに
暗号通貨として認知度が深まっていることでしょう。

よってビットコインは創成期(導入期)で
まだまだ上昇の余地が大きい。
菅下さんは2017年までは創成期で
2018年から成長期に入り、
ピークは2020年、2022年、2024年で打つと予測する。
(彼の7年の波動理論による)

菅下さんの上に挙げた本には
仮想通貨を、正しくは「暗号通貨」なのですが
その言葉が1度も出てこなかったので
仮想通貨はまだ創成期だという証拠ですね。
一般人すべてが理解する成熟期になるのは
あと最低5年かかりそうです。

以上のことから
「暗号通貨は買い」
(ただし失ってもいい投資金の範囲で)

彼はイーサリアム、リップル、ビットコインキャッシュ
この3つを有力候補に挙げている。
(中でもイーサリアムを推す)
大化け候補はネム。

2018年に入ってきてからの
市場全体の大幅な下げ。
私は安く買える最後のチャンスだと思っています。

※買ったら1年は保有する覚悟を。
※信用取引はするな。

怪しいからこそ買い。

 ウォーレン・バフェット, 仮想通貨, 相場の基礎, 菅下清廣  怪しいからこそ買い。 はコメントを受け付けていません。
1月 252018
 

ウォーレン・バフェットが言う。

「仮想通貨に総じて言えることは、
ほぼ間違いなく悲惨な最後を迎えるということです。
それがいつ、どのように起きるかはわかりませんが」

彼は「理解できないものには投資しない」
ということを常々言っていて
IT企業の株を買わずにいた。
しかしITが普及した現在、
それは間違いだったと過ちを認め
アップル株を爆買いしている。

「誰もが理解できた株はすでに上がっているの!!」

バフェットは引退した方がいい。

仮想通貨の場合もITの時と似ている。

「こんなものは通貨にならない」
「それを認めたら法定通貨はどうなるんだ?」

「これはすごい技術だ」
「広まったら我々の生活はもっと便利になる」

賛否両論、半々くらいだろうか。

以前紹介した菅下清廣氏は
「私なら仮想通貨関連に集中投資する」と言う。

ヤフーが登場した時
何をする会社か皆がよく分かっていなかった。
その時に勇気を出して買った人は儲けられた。
200万円が1億円を超えたのだから。

それが仮想通貨に起こらないとは
誰も断言できない。

皆が安全だとみなした時点でもう遅い。

賢明な投資家という称号は
バフェットではなく菅下氏に贈られるであろう。

なぜならブロックチェーンは法定通貨を破壊し
全く新しい経済社会を創造していく
凄まじい技術だから。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

資産インフレでバブルがまだまだ続く。

 世界情勢, 書籍, 菅下清廣  資産インフレでバブルがまだまだ続く。 はコメントを受け付けていません。
1月 142018
 

菅下清廣さんの株式予想が書かれている本です。

彼が言うには
日本のみならず世界的にカネ余りで、
そのお金の洪水(マネーバブル)が
不動産や株式市場になだれ込んでいる。
だからそれらの値上がりは2018年もまだまだ続くと。

この資産インフレの原因は
「富の二極化」から来ている。

富裕者層はお金を増やすことに熱心で
勉強を惜しまない。
食べ物の量や質にこだわっても10倍も食べれないし、
豪邸に住んでも一家族では広すぎるし、
車が好きでも100台も必要ない。
だから余っているお金をさらに増やすか、
インフレからなるべく減らさないようにするために、
不動産、国債、株式を買う。

だから我々庶民の所得が増えていないのに
(少額個人投資家が買い出動していないのに)
不動産高・株高という現象が起こる。

それに日本の不動産は中国人に人気で
ガッツリ買いをしている。
不動産だけではなく
年ごとに増加していく訪日外国人客の
化粧品や外食に突っ込むお金も無視できない。
つまりインバウンド消費関連。
富める外国人が来日して買ってくれるわけです。

彼はバブルによる資産インフレで
株式に強き派なのかというとそうでもない。
なぜなら波乱相場だから。
長期展望を持てないの現況。
それは下克上の戦国時代にも似ている。

ITを駆使した不動産会社が
無借金経営でウハウハだったり、
インベスタークラウドは彼の推奨銘柄)
スマホゲームのアイテム課金でボロ儲けしたり、
KLabも推奨銘柄)
保有から共有のシェアリングサービスが支持されたり、
シェアリングテクノロジーも推奨銘柄)
ビットコインという仮想のお金が爆上げしたり、
ガソリン自動車と電気自動車とが取って代わったり、
旧来のビジネスモデルが通用しにくくなっている。

それでも彼は「動乱期こそチャンスだ!!」と叫ぶ。

こうした動乱期に投資家はどうあるべきか?

とにかく石橋をたたきながら渡る慎重さ。
世界視野に立った知識を獲得するための勤勉さ。
情報・人脈のネットワークを広げて
自分の世界を広げる勇気。
(彼自身より宣伝:なかなか持てない人は登録を)

http://sugashita.jp/

つまり知的に生きていないと富裕層には入れない。
だから寝る間を惜しんで勉強しなさい。
特に若い人は。

以上が菅下さんからのアドバイスですが
最後は私からの一言を。

大金持ちよりも頭脳持ちを目指しなさい。
なぜなら貧乏人には分からない苦しみが
お金を持ってしまった成金長者には生じる。
金銭トラブルは厄介です。
逆に頭脳さえあれば人生賢く立ち回れる。
私は小金持ちを目指しています。

【追記】
彼の推奨28銘柄はもちろんすでに上がっています。
ですが知らない銘柄があって勉強になりました。