カモに買わせようとする今は、すでに頭打ち状況。

 (株)ワンタップバイ, 企業の事件・事故, 素人・大衆  カモに買わせようとする今は、すでに頭打ち状況。 はコメントを受け付けていません。
9月 042018
 

日本株とアメリカ株の代表株を
1000円から買えるという証券会社があります。

(株)One Tap Buy(ワンタップバイ)
https://www.onetapbuy.co.jp/

会社の沿革を見ると
2016年6月から米国株30銘柄を
スマホで取引できるサービスを開始し、
2017年1月に最少取引額1000円からにした。
(それ以前は1万円)
2017年7月には日本株30銘柄を加える。

Wikiから分かるが、
ソフトバンクが45%の大株主です。

1回の取引のスプレッド(手数料)は0.5%で
月額1058円なら取引回数は無限。
ノミ行為だと思われます。

日本株取扱銘柄
米国株取扱銘柄

このことから分かることは
現在の株式市場には大口投資家がすでに参入し終えていて、
あとはカモである個人投資家を呼び込もうとしている。
1000円から買えるというのは主婦や学生を狙っているということ。

つまり株式市場はお祭りの様相ではないが、
頭打ち感が出ているということです。

私が知ったのはつい最近の2018年9月。
サービスが始まって1年くらい経過しています。

大口も買った、個人も買った。
主婦や学生にも買わせようとしている。

「一体その上の価格で誰が買ってくれるというのでしょうか?」

バカに買わせようとしているのが見え見え。

※大口さんはすでに空売りを仕掛けているかもね。

株式を買うタイミングというのは
いつだって総悲観の時です。
投資家が阿鼻叫喚の渦中にあり、
ニュースや新聞にも「株は怖い」という印象を
我々に植え付けている時です。

ちなみに
2018年9月4日の今日、
どの銘柄が総悲観ぽいのか?

TATERU(1435)です。
不動産融資情報の改竄をしてストップ安。

この会社はほぼ無借金経営。
IOTのマンションを買う人を決めてから建設するから
売れ残りはないし、融資の必要もない。
倒産はないだろう。
不正防止の社内体制をしっかり強化すれば
株価は回復していくと思います。

※株は自己責任でお願いします。