「両建てはするな!!」と言いたい。

 うねり取り, プロ, 両建て, 情報教材, 相場師朗, 逆張り・反発  「両建てはするな!!」と言いたい。 はコメントを受け付けていません。
9月 222017
 

読者の方が相場師朗さんのこの教材を購入した。

うねり取り←32184円

実は私はこの手法を大変参考にしている。
なぜなら合理的で納得のいくメソッドだから。

ただし彼は両建てをして
損切りを遅らせようと損失から逃げている。
それをしていくとせっかく苦労して貯めた利益を
いつか大きく飛ばすことになる。
何とかショックとか、赤字転落とか、大地震などで。

東芝を見て下さい。
上がり調子でホクホク顔が
ドカンと落ちて真っ青になった。

私は逆行したら
すぐに損切ってしまえ」と言いたい。
トレンド方向とは反対の建玉は全部損切れと。

含み損を抱えた玉(未練玉)は早くおさらばする。
そうしないとチャートを見る目にバイアスがかかって
エントリー判断をゆがませる。
どつぼにハマってついには命取りになるかも。
恐ろしい。

それと彼はプロは逆張り派だと言っているが、
順張り派でもプロはいると思う。

※プロの相場師の定義:10年以上勝ち続けている人

あなたはどちらを選んでもいいと思う。
「勝てば官軍」ですから。

私の場合は
お祭り騒ぎの銘柄は売り、
阿鼻叫喚の暴落時には買い、
と言ったところでしょうか。

結論:
相場さんの手法は勉強になるが、
完成度は低いです。

多勢と逆のエントリーを!!

 出来高, 逆張り・反発  多勢と逆のエントリーを!! はコメントを受け付けていません。
12月 192015
 

出来高が通常よりも大きく膨らんで
本日の株価が大きく上昇したとする。

買われたということで株価が上がったわけですが、
同時にその株価で売った人もいるわけですよね?

買った人はその上で売りつけたいという思いで買ったはずで、
本日売った人はもう上がらないから売ったのであり、
それよりも上で買おうと思いますか?

確かにまた買い直そうとする人もいます。
でも普通の人は株を安く買いたいはずだから、
自分が売った株価よりも高いところで買おうとは思わない。

これ、理解できますか?

売ろうと思っても買う人がいなかったら
売れませんよね?

みんなが買ったら誰がそれよりも高く買ってくれるのですか?

個人投資家は上がると飛びつき買いをしたくなる。
(私の経験則です)
でもそれでは高値買いで損切りするハメに陥る。
欲に克たないとダメだよ。

高いところで買うなとは言わない。
なぜならそこが高いか安いかは後からでないと判別できないから。

でも出来高をチェックすることはエントリー前にしてほしい。
株でみんなが儲かるなんてありえないのですから。
過去にもこの先にも株式市場が存在したらそれは変わらない法則です。

株で儲けている人はそれを知っているから
独りでこっそり儲けています。
秘密裏で。

もう一度言う。

「株で儲ける奴なんてごくごく一部だけ」

あなたが勝ち組になることの望みは薄い。
そういうものなのです、株式は。

投資での2つのトレードタイプ。

 逆張り・反発, 順張り・トレンドフォロー  投資での2つのトレードタイプ。 はコメントを受け付けていません。
12月 182015
 

株やFXでエントリーする際に
大きく二派に分かれます。

1、順張り派
2、逆張り派

1は上がっている時に買い、下がっている時に売るやり方。
(トレンドに順行すること)
2は上がっている時に売り、下がっている時に買うやり方。
(トレンドに逆行すること)

私はどちらのタイプでも好きな方を選んだらいいと思います。

ですが個人的見解としては1をおすすめします。
なぜなら個人の小さなお金ではトレンドに逆らうことはできないし、
上がっている時はド素人が我慢できなくて買いを入れてくれるから、
更に上がることが多い。
下がっている時はド素人はもっと下がると思い、
ビビって買おうとしないから下げが止まらないので更に下がる。

下げの方がえげつなく下げる。それはいろんなチャートを見たら分かる。

私の経験からも上がっている時は強気になって買ってしまったし、
下がっている時は怖くて買えなかったのを今でも強烈に覚えています。

だから1をおすすめしますが、
やはり『安く買って高く売る』のが商売の基本ですので、
2のタイプであっても一向に気になさらないで下さい。

ちなみに買った株がもっと下がった時に更に買うことを
「ナンピン買い」と言い、
その時に損を承知で売ってしまうことを
「見切り売り(損切り)」と言います。
買った後に上がって含み益が出ている時に更に買うことを
「買い増し」と言います。(これは難しいテクニックです)

逆に空売り(信用売り)をした株が上がってしまうことを
「踏まれる」「踏み上げ」と言い、
更に上から空売りをすることを「売り乗せ」と言う。
空売りした株がもっと下げてさらに空売りすることを
「追撃売り」と言います。(これができると一番の武器になります)

私も「ナンピン(売り)」「売り増し」「追撃買い」と言ってしまいますが、
正式な株式用語があることも知っておくといい思います。

いずれにしても利益を出せれば言葉なんてどうでもいいですけどね。

9割のトレーダーが負ける世界で生き残っているだけでも
相当感心します。
やる人はやるならどうか勝ってほしいと願います。