バカ正直に信じて実行するのみ。

 CMB研究所, 内田博史  バカ正直に信じて実行するのみ。 はコメントを受け付けていません。
11月 052017
 

内田博史率いるCMBの支持者・ファンに告ぐ。

私が相場というものを勉強していく中で
彼の方法が唯一稼げる方法だと言い切れる。
これしかない。

あなたはバカ・奴隷になって
それを信じてやり続けよ。
でなければCMBに近寄るな。
完全に忘却してしまえ。

彼の主張していることを要約する。

・ルールを作る(最初は何でもいい)
・そのルールに従って売買する
・売買日記を付ける、付け続ける
・その日記を読み返す
・ルールの確信度を深めていく

そのルールは誰もに共通するものがある。

『損小利大』

(それはトレンドができている時にうまくいく)

儲けているトレーダーでこれができていない人はいない。
これをせずにして儲けている人はいずれ退場する。

そして売買のたびに、損失を出すたびに、
一番ふさわしいルールはこれだと理解する。

1:ナンピンの逆をせよ
(逆行したら即損切り。利が出たら追撃してみる)

2:コツコツドカンの逆をせよ
(損小損小損小あるとき利大。チキン利食いをしない)

この2つだけ。
こんなにシンプルなのに恐ろしく難しいぞ。

負けっ放しで精神がヘトヘトになる。
資金が連続して減るから嫌になる。
自分のエントリーが悪いと考え
ルールをコロコロ変えるから、
自分の確信できるルールを築けない。

このルールを全うさせるために
自分にこう言い聞かせる。

お金が減ってもいいや。
全然儲からなくてもデータを取るつもりで。
9割が負けている相場の世界だから、
誰もがやりたがらないことをしないとダメだ。
CMBバカになろう。

結局内田博史というルールを信じるかどうかなんだ。

追撃しないくらいなら、損切りであった方がマシだ。

 プロ, 内田博史, 素人・大衆, 買い増し・追撃売り  追撃しないくらいなら、損切りであった方がマシだ。 はコメントを受け付けていません。
10月 212017
 

これは私のトレードです。

★双信電機(6938)

19日の売り建玉:796円(100株)
20日の買い増し:843円(100株)
計200株:逆指値:849円(850円からスベり)
利確:+5321円
1000円行くと思ったんだが・・・

買い増し・追撃売りをすると
平均取得額が不利になる。
だから皆さんしたくない。

「素人は損切りできずに死に、プロはチキン利食いで死ぬ」

CMBの内田さんがそう言っている。
これは『損小利大』がどれほど難しいかを教えている。

9割が負けていく相場の世界において
9割ができないこと・したくないことを
強制的にでもしなければ勝てません。

まして9割がロスカットになる正しいトレードでは
追撃なくして利益を伸ばすことはできない。

追撃をやれ。
10円でもいい、含み益が出たら追撃をしてみる。

ボクシングならワンツーが基本。
もしくはワンツースリーでパンチを打つ。

なあに追撃が失敗したとしても
ロスカットが1つ増えたにすぎない。

損小を守っている自分にエールを。

売買日記を付けないで勝てる奴はいない。

 SBI証券, 内田博史, 売買日記  売買日記を付けないで勝てる奴はいない。 はコメントを受け付けていません。
10月 052017
 

昨日記事にも書いたが
MMTセミナーにて内田さんから聞いたこと。

自分の売買日記をつけろ。
俺の周りにいる奴で
日記を付けずに勝てている奴は1人もいないぞ。
同じ事を俺から教わっても
日記を付けない弟子は勝てていない。
その記録から自分のクセが分かるし、
その時のわき出た感情を逆指標にもできる。
200回もやれば自分だけの売買ルールができてくる。
最初から勝とうと思うな。
まずは勉強のつもりで
デモトレードでもいいから
日記をつけてみろ。
と。

私は今日その勉強のつもりで
防衛関連の石川製作所(6208)を信用買いしてみた。
過去の私ならS高した次の日に買うなんてあり得ない。
空売り態勢ならしていたが。


(赤い横線は昨日の終値)

結果は勝てた。

3910円→4070円
TP(利確):+15588円

相当に迷ったが
(昼休みはなぜこんなに上がるのか考えていた)
4000円まで行くかもと
後場「勉強代」のつもりでエントリーした。
逆指値(3850円)を置いて。

※SBI証券の新スマホアプリで
逆指値できるようになりました。
今日の朝知りました(笑)

たまたま勝てたのかもしれないが
勝金よりも経験の方に価値があった。

いろいろ経験しないと相場カンも養えないし、
今後もエントリー記録や雑感を売買日記に付けることにする。

注意:他人の売買日記を読んでも勝てるようになりません。
たとえ勝っているトレーダーのものであっても。
なぜなら私は私、あなたはあなたの見方があるから。

※私は紙のコピー用紙や日記帳を使っていません。
画像貼り付けやスクリーンショットを使います。
ブログにすべて記録しています。

これも余談になるが、
セミナーには400人(以下だろう)くらい来ていた。
わざわざ来るくらいだから真剣な人ばかり。
でも売買日記をつけていない人もいた。
あれだけ言われているのにも関わらず。
たとえ20回しかエントリーしていない素人であっても
全部トレード日記に残すこと。

読み返したら驚くよ。
マヌケなことも成長したなと思うことも
全部知らせてくれる。

日記こそが自分の教師ではないかと思う。

トレーダーは銀行預金に勤しむな。

 マインド・メンタル, 内田博史  トレーダーは銀行預金に勤しむな。 はコメントを受け付けていません。
10月 042017
 

今日、MMT(メンタル・マスター・トレーニング)の
セミナーin東京に参加した。

そこで私は講師の内田博史さんに聞いた。

「預貯金はしているのですか?」と。

「全然してない」と答えられた。

なぜそんなことを聞いたのかというと

「預貯金をする=お金を減らしたくない」

ということを意味しているので

お金を減らしたくないなら
株FXなんてしなければいいのに!!

と考えるのがトレーダーだからです。

銀行口座にお金を寝かすくらいなら
証券口座に入れておく。
チャンスが来た時、出動できるから。

「貯金したければすればいいんじゃないの」と
彼は言っていたが、
銀行に預けていてもお金は少しも増えません。
(送金手数料を取られるのでマイナス)

銀行残高が増えていくのが楽しみの人は
トレーダーには向いていない。
悪いことは言わないから
相場に手を出すのは止めるべきです。

今まで損した金額はサンクコストとして
勉強になったなと、きれいに忘れること。

お金を増やす方法なら
他にいくらでもある。
それをがんばるのも賢い選択だと思います。

余談(内緒)だが
彼の下で相場を勉強している7割が脱落する。
その7割の中で一部の人が
相場を勉強したらお店の売上げが上がったので
もう株は止めますとか、
何だか会社で出世してしまったので
株をする時間がなくなりましたとか、
アラサー独身女性が結婚できたとか、
そんな人が多々いる。
だから相場を学ぶことはメリットが大きいと思います。

(原因は自分を客観視できたからなんだが)

永井翔さんは内田さんの弟子だろう(推測)

 ナンピン・売り乗せ, 内田博史, 損切り・ロスカット, 永井翔  永井翔さんは内田さんの弟子だろう(推測) はコメントを受け付けていません。
1月 022017
 

永井翔というFXトレーダーがいます。
推定資産は現在数億円でしょう。

彼のストーリーをおおざっぱに言う。

・プロ野球選手を目指す社会人野球青年(月給14万円)
・事故によりその夢を断念する
・ヤマト運輸で(希望も持てず)働く
・ある時FXで稼ぐ成金若者が入社してくる
・FXに興味を持ちトライするが負け続ける
・本や教材にも手を出して300万円の借金する

「頑張っている時ほど損して、手を抜いている時は勝ちやすい」

・これに気が付いて『待ち伏せFX』を考案する
・数十万円の資金が2800万円まで増える
・それがリーマンショックの波で30分でゼロになる
(あっという間。茫然自失)

ちょっとこの動画を見て下さい。

彼は2800万円を失う時
ダブルナンピンをしたと言っている。
そして含み損が1200万円になっても
損切りできなかったと告白している。

この資金がゼロになるという事件の後、
彼はどのようにして損切りができるようになったか?

私は自力ではそれは不可能だと思っている。
誰かプロのところへ教えを乞いに行ったと推測する。
誰か?

内田博史氏
このブログの著者です:http://www.cmb-fund.jp/blog/

なぜなら当時ネットにて
損切りを教えているプロの情報を販売していたのは
彼だけだったから。おそらく。
私もそのDVDを中古で買って観たことがある。2009年か2010年に。
『BMS』という下降相場で勝つ空売り手法。
この中ではっきり言っている。

「相場の予想は誰にも分からない。
だから間違えたら損切りをしなさい」と

永井さんはこれをいつ見たのか知りませんが、

「損切りを力説している内田さんに直接教えてもらおう」

もう見栄も外聞も捨てて彼に弟子入りする。
それから検証とルール作りに3年間費やし、
現在の彼に至る。

「大損してやっと気づく損切りの大事さよ」

これをしっかり読んでおいて。
http://www.cmb-fund.jp/blog/

4月 212016
 

損切りができない人は

・チキン利食いしてしまう
・ましてや利乗せなんてできっこない
・ドデン*のことが頭に入っていない
・ナンピンで乗り切ろう

という傾向が強い。

*ドデンとは、どんでん返しの略で
買い派が売り派に変わり、
売り派が買い派に変わること。

下山式トレードでは損切りは不要だとし、
返済期日の6か月後まで粘れと教えてますが、
今日の三菱自動車は
ストップ安で上場来最安値をあっさり更新した。
(三菱自動車は下山銘柄に入ってます)

—————————————
上場後「最安値」=三菱自株
時事通信 4月21日(木)

21日の東京株式市場で、三菱自動車の株価が前日に続き急落した。
終値は制限値幅の下限となる前日比150円安の583円。
同社は2013年7月に株式併合しており、
これを考慮すれば事実上の上場後の最安値になった。

下落率は20%で、全上場銘柄の中で最も大きかった。
三菱自株は大量の売り注文を残したまま、21日の取引を終えた。

—————————————

三菱自動車の株価は下げトレンドでしたから
この銘柄取扱者はナンピン買いをして
買い4:売り1
のポジションの人が多かったのではないでしょうか。

もし損切り設定をして
忠実に損切りしていたら、
最低でも大損は免れたのに。
(これで退場したかもしれないね)

下山投資法はレンジ相場では
爆発的に稼げる安心な手法ですが、
一方通行になればフリーズかアウトです。

私はヤマハでそれを経験していたので
損切りの大切さは身に染みて理解できてます。

内田博史氏がくどいくらい叫んでいる

「違ったら損切れ!!」

とはこういうことだったのです。

私は現在両建て手法を使用していますが、
時々損切りを断行して含み損を軽くしてます。
(自分の投資法を模索中です)

勝てば何でもOKなのですが、
退場したらすべて水の泡になりますので、
退場しないためにも損切りは絶対にして下さい。

違ったら「損切れ!!」というCMBの内田博史さんの投資法。

 CMB研究所, ジェシー・リバモア, ナンピン・売り乗せ, 内田博史, 損切り・ロスカット  違ったら「損切れ!!」というCMBの内田博史さんの投資法。 はコメントを受け付けていません。
12月 182015
 

このブログはトレードにおける
メンタルの重要性を
内田博史というトレーダーが書いている。

http://www.cmb-fund.jp/blog/

私は彼のDVDをヤフオクで買って
彼を拝見したことがあります。
(その後売ってしまったが)
詳しいことは分からなかったが、
違ったら素早く「損切れ」と度々繰り返していました。

どうして損切る必要があるかというと
含み損を抱えてジーと我慢しているより、
早く損切って違う銘柄にエントリーした方が
資金効率がよいからです。

それに上がるか下がるかなんて
かのニュートンでさえ分からないのだから、
(東インド貿易の会社の株を買って大損したらしい)
私らが予想できなくて当たり前。
間違えて当然なのです。

だから躊躇せずに早く損切りしなくてはいけないのです。

彼の投資法はリバモアという投機家を支持していて
大衆は過熱を好む傾向を読み取り、

「上がった株はさらに上がり
下がった株はさらに下がる」

という『順張り』投資法を好んでいるそうです。

詳しくはこの本を参考に。

順張りとは、
買った株がさらに上がったところで買い、
逆に空売りした株が
さらに下がったら買い戻すというものです。

逆張りはその反対で
反発することを狙って、下がった株を買い、
急落するだろうと思って、空売りすることです。

彼は言う。
「ナンピンなんてとんでもない(するな!!)」と。

ナンピンとは買い平均価格を下げるために
下がったら買い増ししていくことです。
(上がった株に空売りをしていくことを売り乗せと言う)

過去に私は株取引きで
むやみにナンピン買いして
多くの資金を失った経験から、
ナンピンや売り乗せには否定的です。
(してもいいが損切りは常に念頭に持つ)

ですが「損切り」というものは
自分の資金が確実にマイナスになることを意味しているので
誰もができないことなのです。

「株で勝てる人は全体の1割以下」

私はトレーダー初心者にアドバイスする。

「損切り」は少しずつでも慣れておくことが必要不可欠です。
FXデモでトレーニングをしてから
リアルマネーで取引に挑戦して下さい。

簡潔に言います。
損切りを練習しなさい。
それができなければ相場に近寄ってはいけない。
株で損をしない方法とは、株をしないこと。

株は本当に難しい。
だから手を出さないという投資法が一番効果があるかもしれませんね。