12月 192015
 

株式取引きには、
信用取引と言って
自己資金の3倍の金額を動かすことができる。
(最低準備自己資金は30万円です)
これは証券会社から借金して
株をトレードしているのと同じです。

運悪くトレードして含み損が膨らんで
30万円の資金を下回ると(元本割れすると)
証券会社が追加証拠金を要求してきます。
(これを追証“おいしょう”と言います)
(私はついしょうと言ってしまいますが)

自分の信用取引枠限界までトレードすると
いとも簡単に追証が発生してしまうのですが、
これが冷静な判断を鈍らせるのです。

なぜなら追証を放置しておくと
証券会社が自分のポジションを勝手に決済し
(決済手数料も多めに取られます)
取引きできなくさせるからです。

銀行に寝かす現金なんて無駄だと思って
ほとんど証券口座に預けているはずで、
早く現金を送金しなきゃーッ
って焦らせるのです。
(銀行にまだそんな資金が持っているわけない)

「焦ってうまくいくことってありますか?」

私は1度もないです。
だから自分のすべての財産をつぎ込まないで!!
全BET(持ち金すべてを賭けること)は
厳禁にした方がいい。
そちらの方がうまくいく。
客観性を保てることも理由にありますし。

私も株式をしていますが、
転売もアフィリエイトもしています。
もちろんこうしてブログも書いています。
資金のほとんどは転売の仕入れに使っています。
(クレジット仕入れです)
資金が枯渇してきたら
アフィリエイトでコツコツ記事を書く。
そうするとネットによるビジネスを
総合的に見れるようになるし、
情報発信力を培える。
(私が一番やりたいことは情報発信です)

だから株をしている人は
株だけをしないで下さい。
パソコンの前でにらめっこは
普通の人間ならば大損します。
なぜならそんなビジネスをやってて楽しいですか?
自分の楽しくないビジネスは結局は破綻しますよ。

物販の売上げを増やしたい!!と思って
ムキになって限界まで仕入れをしたことがありますが、
全然売れなかったし、楽しくなかったし、
株式ではお金のほとんどを失いました。
(これを退場すると言う)

夢中になるのとムキ(意地)になるのとは違う。
そこに心地よさがあるかどうか。

現在もしうまくいっていないとしたら
ちょっと立ち止まって
「俺って意地張ってやってやしないか?」
と自問してみるのも
打開策の1つになるのではないでしょうか。

Sorry, the comment form is closed at this time.