12月 182015
 

株やFXでエントリーする際に
大きく二派に分かれます。

1、順張り派
2、逆張り派

1は上がっている時に買い、下がっている時に売るやり方。
(トレンドに順行すること)
2は上がっている時に売り、下がっている時に買うやり方。
(トレンドに逆行すること)

私はどちらのタイプでも好きな方を選んだらいいと思います。

ですが個人的見解としては1をおすすめします。
なぜなら個人の小さなお金ではトレンドに逆らうことはできないし、
上がっている時はド素人が我慢できなくて買いを入れてくれるから、
更に上がることが多い。
下がっている時はド素人はもっと下がると思い、
ビビって買おうとしないから下げが止まらないので更に下がる。

下げの方がえげつなく下げる。それはいろんなチャートを見たら分かる。

私の経験からも上がっている時は強気になって買ってしまったし、
下がっている時は怖くて買えなかったのを今でも強烈に覚えています。

だから1をおすすめしますが、
やはり『安く買って高く売る』のが商売の基本ですので、
2のタイプであっても一向に気になさらないで下さい。

ちなみに買った株がもっと下がった時に更に買うことを
「ナンピン買い」と言い、
その時に損を承知で売ってしまうことを
「見切り売り(損切り)」と言います。
買った後に上がって含み益が出ている時に更に買うことを
「買い増し」と言います。(これは難しいテクニックです)

逆に空売り(信用売り)をした株が上がってしまうことを
「踏まれる」「踏み上げ」と言い、
更に上から空売りをすることを「売り乗せ」と言う。
空売りした株がもっと下げてさらに空売りすることを
「追撃売り」と言います。(これができると一番の武器になります)

私も「ナンピン(売り)」「売り増し」「追撃買い」と言ってしまいますが、
正式な株式用語があることも知っておくといい思います。

いずれにしても利益を出せれば言葉なんてどうでもいいですけどね。

9割のトレーダーが負ける世界で生き残っているだけでも
相当感心します。
やる人はやるならどうか勝ってほしいと願います。

Sorry, the comment form is closed at this time.