7月 222016
 

下山さんの投資法を実践している方へ

5ポジションがこうだと仮定する。
(すべて1000株単位ずつ)

買い:1000円
買い:900円
買い:800円
買い:700円
売り:700円

現在の株価は500円だとすると
含み損は50万+40万+30 万=120万円となる。
(信用手数料は除く)

※含み損になっているポジションを未練玉と言う。

下山さんは一番含み損の軽い700円の買いを
やむを得ず損切ってもいいと教えるが、私は違う。
1000円の買いポジ(一番の未練玉)を損切った方がいいと考える。

なぜならあなたは利益がほしくて株トレードをしているのですよね?

だとしたら株価が反転して上がった場合に
1000円よりも700円の方が早くプラスになります。
つまり1000円をプラスにするのは700円よりも時間がかかると。
だから1000円を損切って新たに500円の買いポジを持つ。
(さらに下げれば900円の買いポジも損切る)

そうすることで1000円の買い建玉の信用手数料が少し浮きますし、
500円から900円の間の株価の上下動でプラスを出しやすくなる。

「一番の未練玉をまず最初に切れ!!」

レンジ相場で儲ける手法である下山投資法では
上下幅20~30%くらいずつがいい。
つまり現在700円の株価ならば
上は900円、下は500円までポジションバランスが理想です。

相場は過去のエントリーを嘆いても仕方なく、
「これから先はどう動くか?」です。

未練は断ち切りましょう。

Sorry, the comment form is closed at this time.