7月 172017
 

堀哲也さんのこの株式の本を読んだ。

結論:読まなくてもいい

理由:トレードと投資がごちゃごちゃだから

トレードは、チャートなどのテクニカル指標を使う。
期間は1日~半年以内で決済してしまう。

投資は、EPS・PER・ROE・配当率などの
ファンダメンタル指標を使う。
期間は2~10年間と長く保有する。
(長期トレードとは言わない)

P179の“損切りは必要な時だけ行う”
と言っていることから、
堀さんは投資をしているようです。
なぜならトレーダーならば、
含み損が拡大しないうちに
損切りを断行せよと言うから。

P88で業績の良い銘柄のチェック項目に
“従業員が増えているか”とある。

「増えている=業績がいい」
ならば
「減っている=業績が悪い」
となる。

人件費削減のリストラで株価が上がることもある。
買う理由にはなりません。

業績が良いという事実があるとして
それが自分に伝わった時点で織り込み済み。
私は業績なんて気にしません。

堀さんは空売りについて言及していない。
ということは上げ相場の時でしか儲けられない。
彼は時にナンピン買いもしていることから
いずれ退場すると思う。
もしくは資金を大きく吹き飛ばす。
悪材料が出ていなくて業績のいい会社でも
株価がどんどん下がる場合がある。
リーマンショック時のように。
損切りを習慣化していないと退場になる。

本の一部がこのリンクに載ってますね。
http://www.njg.co.jp/post-21195/

あまり悪口になるので言いたくないが、
私は上記のほぼすべて反対です。

(トレードの場合)

自分の売買ルール通りの売買なら
たとえ損失を出したとしても
それはいいトレードです。

他人の意見は知らなくてもいい。
自分のルールさえきっちり守りさえすれば。

負けた時だけではなく
勝った時でも売買日記をつけて
後から読み返し、
ルール通りにやれているかチェックする。

夜眠れないくらいの大きなポジションは持たない。

口座の資金がすべて無くなっても平気なように
捨て金でトレードする。
勝とうとすれば負けるからです。

有望な(儲けさせてくれる)株など1つもない。
株価の動きにタイミング良く乗るだけ。

(投資の場合)

買ったら持ち株のことは忘れてしまえ。
チェックは1年に数回でいい。
長期保有なのだから
少しの上げ下げに一喜一憂しない。

堀さんのご健闘を祈っています。
できれば空売りも覚えてもらえればと思います。

こっちの本は安いけどいいこと書いてます。
マンガで分かりやすいと思います。
おすすめです。

Sorry, the comment form is closed at this time.