7月 112017
 

過去のチャートを検証して、
ある条件下の時だけにエントリーすれば
期待値がプラスに収束していき
資金が増えていくはずだ。
だからこれを自分の売買手法にしよう。

※期待値とは、未来における平均値のことです。

これには注意が必要です。

この世界は偏見に満ちている。
ある人間を見たら
若いか年寄りか
美人かブスか
髪が短いか長いか
背が低いか高いか
好みか否か
などといろいろと評価する。

チャートについても同じ。
見る人それぞれが違った見方をする。
(違った見方をしないと売買は成立しない)

これは過去の検証をする時
客観性が機能しないということです。
つまり主観からは逃れられない。
主観という思い込みからは。

ならば過去検証はムダかというとそうではない。

期待値プラスの手法を見つけるのではなく、
期待値プラスだと信じられる手法を見つける。

これに役立つ。

「自分が本当に信じ切れるルールで売買する」

この売買ルールを持てた時、
はじめて平静に相場に向かえる。
何が起きてもブレなくなる。

そこまで行くのに誰でも
5年から10年はかかると覚悟して下さい。
高い授業料も払いなさい(笑)

Sorry, the comment form is closed at this time.