10月 042017
 

今日、MMT(メンタル・マスター・トレーニング)の
セミナーin東京に参加した。

そこで私は講師の内田博史さんに聞いた。

「預貯金はしているのですか?」と。

「全然してない」と答えられた。

なぜそんなことを聞いたのかというと

「預貯金をする=お金を減らしたくない」

ということを意味しているので

お金を減らしたくないなら
株FXなんてしなければいいのに!!

と考えるのがトレーダーだからです。

銀行口座にお金を寝かすくらいなら
証券口座に入れておく。
チャンスが来た時、出動できるから。

「貯金したければすればいいんじゃないの」と
彼は言っていたが、
銀行に預けていてもお金は少しも増えません。
(送金手数料を取られるのでマイナス)

銀行残高が増えていくのが楽しみの人は
トレーダーには向いていない。
悪いことは言わないから
相場に手を出すのは止めるべきです。

今まで損した金額はサンクコストとして
勉強になったなと、きれいに忘れること。

お金を増やす方法なら
他にいくらでもある。
それをがんばるのも賢い選択だと思います。

余談(内緒)だが
彼の下で相場を勉強している7割が脱落する。
その7割の中で一部の人が
相場を勉強したらお店の売上げが上がったので
もう株は止めますとか、
何だか会社で出世してしまったので
株をする時間がなくなりましたとか、
アラサー独身女性が結婚できたとか、
そんな人が多々いる。
だから相場を学ぶことはメリットが大きいと思います。

(原因は自分を客観視できたからなんだが)

Sorry, the comment form is closed at this time.