1月 252018
 

ウォーレン・バフェットが言う。

「仮想通貨に総じて言えることは、
ほぼ間違いなく悲惨な最後を迎えるということです。
それがいつ、どのように起きるかはわかりませんが」

彼は「理解できないものには投資しない」
ということを常々言っていて
IT企業の株を買わずにいた。
しかしITが普及した現在、
それは間違いだったと過ちを認め
アップル株を爆買いしている。

「誰もが理解できた株はすでに上がっているの!!」

バフェットは引退した方がいい。

仮想通貨の場合もITの時と似ている。

「こんなものは通貨にならない」
「それを認めたら法定通貨はどうなるんだ?」

「これはすごい技術だ」
「広まったら我々の生活はもっと便利になる」

賛否両論、半々くらいだろうか。

以前紹介した菅下清廣氏は
「私なら仮想通貨関連に集中投資する」と言う。

ヤフーが登場した時
何をする会社か皆がよく分かっていなかった。
その時に勇気を出して買った人は儲けられた。
200万円が1億円を超えたのだから。

それが仮想通貨に起こらないとは
誰も断言できない。

皆が安全だとみなした時点でもう遅い。

賢明な投資家という称号は
バフェットではなく菅下氏に贈られるであろう。

なぜならブロックチェーンは法定通貨を破壊し
全く新しい経済社会を創造していく
凄まじい技術だから。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

Sorry, the comment form is closed at this time.