12月 192015
 

トレードをしている人は
負け続けると必ずエントリーするのが怖くなる。
チャート画面を見るのもつらくなる。
私は胃がキリっとなったことがあり、
その時はさすがにエントリーは止めた。

「何でこんな苦しいことをしなきゃいけないんだ?」
「そこまでする理由はあるの?」
「あったらそれは何だ?」

「お金がほしいからさ」と即答が来る。
いやそれだけではない。
「負け続けたままの自分なんて嫌だよ」
という理由もあることが分かる。

では
「何で俺は勝てないんだよ?」
「俺がエントリーすると決まって逆に行きやがる」
「このクソッタレが!!」

怒りと泣きでどうしようもできなくなる。

こういう場合は相場を休むのです。
そして独り静かに考える。

「俺は勝てない。儲けられない。それはどうしようもない」
「相場の前で俺は無力だ…」

その時自身の心に問うてみる。

「それでも俺は株(FX)をしたいのかな?」
「俺、株(FX)のことが好きかな?」

さんざん負け続けた自分の過去トレード(歴史)を思い起こす。

「全部含めてやってよかったよ!!」
「大金失ったけど楽しかったよ!!」

こう思ったらトレードを再開してみよう。

「もうお金を失うのはコリゴリだ」

そう思ったら今後トレードに手を出すな。

相場で勝つか負けるかの答えは
すでに自分の心の中にあるのです。

Sorry, the comment form is closed at this time.