2018年はバブル崩壊か!?

 テーマ株・旬な株, 予想・検証, 日経平均  2018年はバブル崩壊か!? はコメントを受け付けていません。
11月 302017
 

森永卓郎さんがこの雑誌で言っています。

「2018年はバブル崩壊の年だ。
前半は富裕者層が不動産を処分し出し、
赤字覚悟で安値で売りさばこうとする。
後半は土地売却の補填のために
株式も売りに出される。
売りが売りが読んでバブル崩壊へ。
日経は1万円台前半まで落ちるかも」と。

私は不動産よりも株の暴落の方が早いと考えています。
なぜなら売りやすい(売られやすい)からです。

今のこの日本の経済環境からすると
何だか実感の伴わない株価上昇は
バブルだと感じなくもない。
バブルはいつかはじけるものです。
ですがお祭り騒ぎ感がないので
(バブル警戒感はあるし)
来年一気に暴落するようなことはないと思います。
でもどうなるか分かりませんので
全力信用買いは止めて下さい。

彼はそんな中でも上がる株があると言う。
それは全個体電池銘柄です。

・パナソニック(6752)
・トヨタ(7203)
・オハラ(5218)
・出光興産(5019)

全個体電池とは、
名前の通り個体でできている電池で、
従来の電池は液体の電解質でできています。
それが固体になるとどんなメリットがあるかと言うと

1:液漏れしない
2:パワーが2倍
3:充電が早い

これが実用化されればすごいイノベーションです。
EVは一気に普及しますね。

オハラの株価はすでに6倍になってます。
今からではもう遅い(笑)
それでも年初来高値を超えるかな?