株主優待よりもキャピタルゲインを狙え。

 その他のトレーダー, 斜陽業種, 配当・株主優待  株主優待よりもキャピタルゲインを狙え。 はコメントを受け付けていません。
11月 072018
 

「値幅名人」として知られている高沢健太氏の
株主優待をほぼゼロ円でゲットする方法が
下の雑誌に書かれていた。

彼の公式サイト:https://takazawakenta.com/

株主優待はメルカリやヤフオクで売って現金化できる。
安くすれば売れます。

その手法は、優待や配当の権利落ち日より前に
(彼は2週間前に、と言っている)
現物買いと信用売りの両建てをして、
権利落ち日に両方のポジションを決済すること。

注意点は大きく2つ。

・信用口座の開設に審査があること。
(最低30万円を用意し、株の経験が半年以上)

・信用取引手数料がかかること。
(逆日歩という費用がかかる場合もある)

逆日歩(ぎゃくひぶ)を回避するには
日経平均採用銘柄を選んで取引するとよい。

雑誌内で取り上げられている銘柄は
ANA、マクドナルド、すかいらーく、スシロー、
それにディズニーランド経営のオリエンタルランドの5銘柄。

この手法に対しての私の意見。

「優待目当てのトレードはするな」

やはり株をする醍醐味は値ざやで稼ぐキャピタルゲインでしょう。
配当取り(インカムゲイン)もいいけど、
日本は配当2重課税という嫉妬税制のせいで配当率が少ない。
だから株トレードは値ざやを取りに行け。
どうしても取れない人は株を辞めろ。

ところで上の5社で積極的に買いたい銘柄はない。

航空会社は苦しみの経営の見本。
円安でダメ。石油価格が上昇中でダメ。
墜落事故が起きてもダメ。
SARSのような疫病が蔓延したらダメ。
ダメ尽くし。
(JALもANAも空売りを推奨します)

飲食業界も競争激烈で利益率10%もない。
食中毒が起きてダメ。
求人しても働き手が来ないのでダメ。
キツイ・しんどいからダメ。
売上げに伴う食材廃棄が大量に出てダメ。
出店攻勢に出ようと(売上げ拡大を狙おうと)
店舗作りの初期投資費用がかかりすぎてダメ。
そもそも食べ物は消費期限があるので腐るからダメ。
(飲食業界はほぼ全社、空売り推奨です)

唯一マトモなのがオリエンタルランド。
だが私はディズニーなんてつまらんので買わない。
(アニメはジャパン派です)
エンタメにおいて飽きさせない努力は並大抵のものではない。
アジアからの観光客誘致で売上げの安定化を図ってほしい。

斜陽産業は買うべきではない。

 企業の事件・事故, 斜陽業種  斜陽産業は買うべきではない。 はコメントを受け付けていません。
9月 032018
 

スルガ銀行(8358)が大暴落した。
500円割れもあり得ます。

今チャンスと思ってナンピンで買って
放置しておけばいつか上がってくれると?

銀行業界は全部ダメです(キッパリ)
買ってはいけない!!

スルガ銀行は1年2年すれば1200円くらいになる可能性はある。
(1400円かも)
でも斜陽産業である従来の銀行を買うよりも
スマホで決済できるフィンテック系企業を買う方が
よほど安心して保有できる。

例えばLINEやメルカリ。
(楽天はデカい企業だから株価は重い)

たとえ赤字発表で暴落しても
将来性を見込まれて買いが入ってくる。

もしあなた(あなたの子供)が就職するとしたら
スルガ銀行ですか?
LINEやメルカリですか?

斜陽産業にある会社であるならば
将来性のあるビジネスにシフトすればいいものだが、
そんな会社に限って経営者の頭が固い。
だから本当にダメになるまで意地でもやり通そうとする。

スルガ銀行が復活する方法は、
一度経営陣を入れ替えて
支援先の新しい血を入れなければならない。
これには時間がかかる。
その間に上がりそうな株ならいくらでもありそうです。

少なくともスルガ銀行は買うな。