男は、命を賭して戦えるものを求めている。

 マインド・メンタル, 仕手, 書籍, 相場の基礎  男は、命を賭して戦えるものを求めている。 はコメントを受け付けていません。
4月 172016
 

(全5巻)

このマンガの最終巻である5巻に
こんなセリフがある。

満吉:
「教えてくれ志麻ああああーっ!!
ワテら何のために相場張っとるんや!!
何のために戦っとるんやあああ~!?」

志麻:
「おれにも分からない。分からないから
いつか分かると信じて相場に命張ってるのかもしれん」

「金を儲けたいだけなら
人は相場なんて張らない」

(架空の物語ですが、1度読んでみて下さい)

『なぜ人は世に何の付加価値をもたらさない
相場などにそんなに熱くなるのか?
金儲けなら他の方法もあるというのに』

私が考えるところ。
相場をやっている人は情熱家で、
残念なことに人生に熱くなれるものを他に持っていないから
(もしくは自分の世界が狭くて、他を知らないから)
情熱を注げる世界として相場で生きているのだと思う。

孔子が
「ダラダラと生きている人間よりも
一か八かの博打をやっている奴の方がマシだ」
というようなことを言っている。

現代日本人の多くは平和ボケで生ぬるい人生を送っている。
(私もそれに入るだろう)

こんな人生でいいのだろうか。
もっと無我夢中で取り組めるものがあれば
俺の人生は充実するのだがなあ。
一度でいい、ぶっとばしてみてえなあ。

“この命を賭けられるだけの何か”

それが相場なら私はあなたを引き止めない。

何人たりとも生き残れない。

 個人投資家, 書籍, 相場の基礎  何人たりとも生き残れない。 はコメントを受け付けていません。
4月 122016
 

この4冊の雑誌をペラペラとだが読んだ。
掲載されている年は2010~2011年で
リーマンショック後ですね。
(レバレッジ規制前でもある)

ほとんどすべての方が1度資金を大きく飛ばしてます。
その後に猛勉強して資産を増やし
雑誌にまで載るようになった。

しかしながら2016年現在も
現役トレーダーとして生存しているかというと
ブログが無くなっていることからすると
ほぼ全員退場してしまったなと予想されます。

理由はお金を順調に増やせなかったからでしょう。

「なぜ勉強して一時は資金を増やせたのに、
ある時から資金を減らすようになってしまったのか?」

原因はいくつかある。

・いくら勉強しても(がんばっても)
相場の世界ではその努力は無駄に終わるということ。
(徒労はつらいよ~)

・サラリーマンやアルバイトのように
時間と収入が比例して伸びていかないこと。
(安定収入でもない)

・今まで勝ち取った利益が一瞬に消えてしまうと
「俺のあの苦労は何だったんだよ」と
FXなんてもう辞めたくなること。
(辞めたら楽になる~)

・頭脳労働では勝てないこと。
(知識を増やしても勝てないこと)

・感情の無いロボットのように
エントリー&イグジットの単純作業を繰り返さねばならず、
普通の人間なら誰でも抱く損得感情の一喜一憂に
(ヤッタ儲けたぞ。…あれれ今度はマイナス。何じゃそりゃ!!)
精神的疲弊の蓄積でエントリーが雑になること。

一口に言うと
『FXや株は、超絶に難しいビジネス』だから。

私はビジネスというビジネスはギャンブルだと思っている。
儲かるかどうかはやってみないと分からないし、
ほぼ9割がたは失敗に終わるので。
だから相場もビジネスの仲間です。

知識と行動の積み重ねという努力で
何とかなるのが通常のビジネスです。
飲食業でも小売業でも製造業でも。

だが相場は何とかなるもんじゃない!!

辞めて去っていった者たちの気持ちが
体験者である私にはよく分かる。

すべてを完全に忘れ、カタギに戻れ。
シャバの世界で地道に働けばいいさ。
もう戻ってくるなよ。
相場で味わった甘い蜜はきれいに忘れろ!!
な。

エントリー回数は最低1万回を目指せ!!

 BNF, エントリー&イグジット, 相場の基礎, 素人・大衆  エントリー回数は最低1万回を目指せ!! はコメントを受け付けていません。
3月 242016
 

私がこれまでの株人生で
エントリーしてきた数は
残念ですが1000回もない。(デモトレ含めず)
ずっと株式相場を観察はしてきたが。

これでは私自身のトレードスキルにて
さまざまなチャートパターンや
下げ相場・上げ相場、
勝ち方・負け方、
ロスカットのタイミングや損失の痛みなど
経験値が圧倒的に足りないために、
「これはいつしかの覚えがあるぞ」
というインスピレーションが湧かないし、
マウスを持つ手が自在に動いてくれない。
自分が勝手に生み出す恐怖心によって
エントリーや利乗せ・損切りに遅れを生じる。

「1000回くらいじゃダメだ」
「1万回だ!!」

どんなプロでも最初というものがあり、
エントリーを重ねていく中で
鍛え上げられたものがある。
素人には分からないカン。
反射的に動くマウス操作で損切りと利食い。
(億トレーダーのBNFさんだって
初めからテキパキできたわけではないだろう)

素人は勝率でも勝額でもない。
エントリー数を意識せよ。

そのためには少額でいいから
思ったところでエントリーに挑戦してみる。
負けて当たり前。

「カネの代わりに経験値を手に入れろ!!」

と言っても90%の個人投資家は
200回以内に退場してしまうけどね。
私もそうでした(笑)

ローソクの下で買って、それより上で売れば儲かる。

 ※詐欺・犯罪, 投資情報, 相場の基礎  ローソクの下で買って、それより上で売れば儲かる。 はコメントを受け付けていません。
3月 022016
 

この情報商材の中身を知った。
特定の時期に上昇する銘柄を
教えてくれるというもの。

『季節株投資法』←買うな。

どの銘柄が何月に上がるか列挙されているだけ。

例えば
・アイフル
・東証1部
・推奨季節:5月
とか。

一言で内容を表すと
「バカかお前は」です。

この銘柄は1月に底値をつけやすい。
XXX円近辺で買い、
YYY円あたりで売る。
というようなアドバイスならまあいいだろう。

上記のように
5月に上がるよだけって、
何だその無責任な解答は!?

どの銘柄でもどの月であっても
月足ローソクの下ひげで買って
上ひげで売れば儲かるって。

何なんでしょうね、このゴミクズ情報は。

私から私の情報を無料でプレゼントする。

【この文章がそれだ】

どの銘柄であろうと
上がるか下がるか分からん。
絶対に分からん。
当の経営者でもいくらになるのか当てられない。
仮にインサイダー情報が漏れたとしても
その情報が自分に伝わることはない。
伝わったとしても織込み済みでもう上がってる。
ババつかまされるだけだぞ。
儲かる情報は確かにある。
「株をしないこと」
それだけ。

宝くじの方がまだ豊かになれる。

 FX, 株式, 相場の基礎  宝くじの方がまだ豊かになれる。 はコメントを受け付けていません。
2月 192016
 

宝くじを買って破産した人を私は知らない。
でも株やFXで破産した人は大勢いる。
(なかには自殺した人もいる)

「宝くじも相場もギャンブルなのに
どうしてこんな違いが生まれるのか?」*

宝くじは「当たるわけない」と思って
小遣い程度のお金で購入を我慢でき
当たらなかったらあきらめがつくのに対し、
株やFXは「安く買って高く売るだけだろ。簡単だ」
と思って負け続けているのにも関わらず
負けを認めたくないからと思って
有り金全部をつぎ込む。

*注意:すべてのビジネスはほぼギャンブルに近い。
もし頭脳戦ならMBAは皆成功している。

宝くじは当選結果が出るまで
何となくウハウハな夢を持たせてくれる。
でも株やFXは買った途端に下がり
淡い夢はすぐにでも崩れ去る。

「素人は宝くじでいい夢見とけって」

相場は夢の集まるところじゃない。
欲望の猛者どもが跋扈している世界だ。
身ぐるみはがされ
裸で放り出される。
そんな覚悟のない奴は、

「いいじゃないか低賃金でも安定してるなら」

FX市場は拡大中です。

 FX, 株式, 永井翔, 相場の基礎  FX市場は拡大中です。 はコメントを受け付けていません。
2月 182016
 

外国為替取引の市場は500兆円規模らしい。
永井翔さんが言っていました。

彼も「FXスキルは一生ものだ」と言う。
(身につけたら安泰です。99%は10年も持たないが)

まとめ動画サイト
https://kabu-fx.naokilovesyou.com/nagaisyo/

市場が拡大しているということは
カネが儲かるチャンスがあるということです。
なぜ市場が拡大しているかというと
楽してカネを得たいバカ者どもが
後を絶たずに参加してくるからです。
(彼らを“カモ”と言う)

「俺は他のバカと違うぜ。
よしFXで儲けてやろう」

みんなそう思って一文無しになって退場する。

「こんなシンプルなルールなのに何て難しいんだよ」

トレードの世界は過酷です。
頑張って勉強して取り組んでも
お金が減るからです。
自分の大事なお金が減るのです。
しかもアッという間にお金が減るんですよ。

悪いことは言わない。

「のめり込むな!!」

相場はババ引き

 マインド・メンタル, 相場の基礎  相場はババ引き はコメントを受け付けていません。
2月 142016
 

あなたが株で勝つ。
その得たお金は誰かの損金です。

誰かの泣き叫びの反対側に
勝者が雄たけびを上げる。
「やったぜ、利益ゲットしたどー!!」

みんなが儲かるなんてあり得ない世界です。
相場の世界は。
(商売の世界も似ています)

スポーツも同じですよ。
金メダルは1個。
優勝は1人か1チーム。

競争社会は残酷です。

ですが人間は競争しなければ自滅します。
社会主義、共産主義がダメだったのは
人は誰かのための奉仕を嫌い、
自分の利益のために動きたい生き物だったからです。

競争の最悪が戦争だから
競争社会に平安はない。
が競争しなければ社会が発展しない。
より良い社会に変革していくには
自分の利益追求を認めなければならない。

相場で生きたいと思っている人は
これを熟考してほしい

他にもいろんな商売があるのに
「なぜ相場でなければならないのか?」
社会で生きている自分は
「何を想って相場に取り組むのか?」

これが明確に分かる人だけが
相場の世界で勝てる見込みがあると思う。

ババも愉快だから。

投資の塾に入っても絶対に稼げません!!

 投資塾プロフィット, 相場の基礎  投資の塾に入っても絶対に稼げません!! はコメントを受け付けていません。
1月 092016
 

柳沢良博という方のメルマガが
最近届くようになって読んでみたら、
相場の難しさを痛感しているらしく、
1から勉強しようという内容で
メルマガ月額3500円で会員募集していた。
(コンテンツはタダ。3500円はサーバー代や運営代という名目)

彼の主催する『投資塾プロフィット』
http://www.20000profit.com/school/

【私のボヤキ】

なあ~んだ、40年もやってて今現在は稼いでいないんだ、ダメじゃん

稼いでいない人から学んでも稼げません。

「ところでどうして株の世界でも
勝ち続けることができないか知ってますか?」

ビジネス世界と同じで
世の中は絶えず変化しているから。
(人間は相変わらずバカだが)
新たに株式上場する会社も出現するし、
既存の上場企業も新たなビジネスを展開している。

新陳代謝がない経済は破綻するのです。
(保護貿易は国を破綻させます)

それを含めてしかも
株価というのは“美人投票”です。
投資家の色眼鏡が入っている。
もしそうでなければバブルは起こらないし、
バブルがあってもはじけません。

一般には株価を決めているものは投資家だと言われるが、
そうだとしたらなぜ投資家の9割以上が損するのか?
同じ人間であるのに。
機関投資家がカネに物を言わせて株価操縦し、
弱小個人投資家を食い物にしているからか?
であるならば証券会社や投資会社はボロ儲けしてるよ。
でも実際は赤字になったり、リーマンのように破綻している。

もう頭が混乱して何が何だか。
株価を決定しているものは魔物だとしか言いようがない。

魔物のことを人間の頭で考えても
どうあっても理解不能です。

よって株を教える塾に入っても稼げません。

ただ投資家の私が1つだけ教えられるのは
「あなたは確実に株で損します」
という事実をガン告知のような面持ちで
きっぱりと言い渡します。
余命数年、精一杯投資人生を送って下さい、とね。

相場で得する人は、やってすぐ大損した人。

 プロ, 中国株, 相場の基礎, 長期投資  相場で得する人は、やってすぐ大損した人。 はコメントを受け付けていません。
1月 052016
 

相場で勝つ人は10%以下。
大勝できる人は3%もいません。
1%もいないかもしれませんね)
なぜそんなに少ないのかは
みんなお金がほしい普通の人だからです。

普通のあなたは相場に手を出さない下さい。
99.99%損します。
99.999%勝てません。

ということは相場で勝つ人は
相場をやらない人だと分かりますね。
100%損していないからです。

「相場をやらなければ絶対に1円も損しません!!」

相場で一山当ててやろうと
気分上々ある会社の株を買ったところ、
数日後に大暴落して
大損した人がいたとする。
その人は今後一切株をやらないと誓う。
これ以上の損失を出さずに済むようになって
生涯に渡って計算するとその人は得している。
株以外の地道な利殖の道を探すだろう。

その逆に
買った株がすぐ上がって
ビギナーズラックで利益を得た。

「俺って天才、株の才能あるかも」

その後すべてのカネを株式につぎ込む。
突然の○○ショックで全部カネを無くす。
この人はほんの少しの利益で浮かれて
最後は全財産をゼロにしてしまう。
バッドラック。
ご愁傷さま。

「いきなりイイことあるとロクなことにならない」
(特にビジネスは)

私の場合
23歳の頃に初めて買った株は2銘柄あって
(2年以上は保有しておこう)
1つは上場廃止でその後倒産。
もう1つは株価が2倍になって持ち株半分売り、
残りは3倍くらいで全部利確しました。
その会社は5年後くらいに一時20倍になりました。
(造船株でした)

私は上場企業でも倒産してしまうということと、
オールドエコノミーと言われる業種でも
時代の要求に合えば儲かるのだと、
(当時の造船好況は中国特需の恩恵でした)
株主の立場から学ぶことができました。

その後に「これからは中国だ、中国が来るぞ」と思って
お金さえあれば内藤証券で中国株を買いました。
日本はネットバブルでしたが、
すでに日本株には見向きもしていませんでした。

結果を言うと儲かりました。

儲かると今度はそのお金で
未公開株の投資案件につぎ込みました。
株は何だか味気なかったからです。
案件はズサンなもので300万円飛びました(笑)

そしてまた株に戻って
少ない資金でも3倍の金額を動かせる
信用取引に手を出しました。
3.11で全部流れ去りました(笑)
退場というやつです。

このようにお金の面だけをとれば
全く増えていません。
いろんな経験ができたくらいです。
株で勝てなければ中国へも
タイもベトナムもカンボジアにも行けませんでしたね。

あの時、2銘柄とも大損していたら…

まあ今となっては良き思い出です。
株式に感謝してます。

でも損したくないあなたはやらないでね。

相場に絶対なんてあるわけない。

 予想・検証, 相場の基礎  相場に絶対なんてあるわけない。 はコメントを受け付けていません。
12月 192015
 

この手法なら絶対に勝てる。
今後は絶対に上がっていく。
誰でも絶対利益を出せる。

これはすべて嘘。

なぜなら私たちより100倍頭のいい人でも
株式で負けたのです。
誰なの?

アイザック・ニュートン

南海会社の株を買ったそうです。
1度目は利益を出せた。
調子に乗って2度目も…
その時がピークでその後暴落。

「私は天体の運行を予測することはできる」
「だが人間の心理には到底知るには及ばなかった」

株の予想は不可能。
誰が何を言おうが当てられない。

万が一にも当てたとする。
「予想は可能だぞ」
「何だ俺は天才だ」
と調子に乗って予想の限りを尽くし
大金をつぎ込む。
そして全財産を失う。

カネが欲しけりゃ相場に手を出すな。
特に退職金で株をするな。
糞素人が勝てる世界じゃない。

相場に絶対はある。
あなたは絶対にカネを無くすという。