書籍

その他の日本人トレーダー

勝率を考えるな。

FXトレーダーの田畑昇人さんの本を読みました。 彼の手法は ・テクニカル分析 ・時間帯 ・オアンダ の3つを考えるというもの。 オアンダとは、 FX参加者の売り買いポジションの数量(オープンポジション)や 注...
書籍

空売りも楽ではないが、

空売りを好む売り豚さんたちも 決して楽に儲かるわけではない。 たとえ今年が不況の年であっても。 株ではド素人の小林昌裕さんがこの雑誌で 2019年10月1日から消費税10%が始まるから 景気後退の予測による空売りを推奨している...
書籍

資産インフレでバブルがまだまだ続く。

菅下清廣さんの株式予想が書かれている本です。 彼が言うには 日本のみならず世界的にカネ余りで、 そのお金の洪水(マネーバブル)が 不動産や株式市場になだれ込んでいる。 だからそれらの値上がりは2018年もまだまだ続くと...
スイングトレード

トレードと投資は違う。

堀哲也さんのこの株式の本を読んだ。 結論:読まなくてもいい 理由:トレードと投資がごちゃごちゃだから トレードは、チャートなどのテクニカル指標を使う。 期間は1日~半年以内で決済してしまう。 投資は、EPS...
書籍

空売りを知って下さい。

空売りについて知りたい人は この本をおススメします。 とても丁寧に解説されています。 ただし著者は株で稼いでいないようです。 彼のブログを見たら分かりますが、 株についてのトレード歴がないです。 おそらく調べあげ...
ナンピン・売り乗せ

ナンピンは禁じる、がいい。

秋津学さんのこの電子書籍に ロスカット12原則が書かれてあり、 その3に「ナンピンは極力しない」とある。 抜粋してみる。 ナンピンは禁じ手と理解してください。 ナンピン自体、すでに判断の失敗を意味していますから、 ...
その他の日本人トレーダー

会社という生き物にはピークがあり、いつか死にます。

泉幹さんは 「永久に上がり続ける株なんて皆無」 と断言している。 だから空売りを勧めている。 私もそれには同意していて、 ビジネスというのは本当に本当に難しく、 10年も稼ぎ続けられる会社はない。 (会社設立後10年以内に...
書籍

「維新流トレード術」の1章は基礎概念

維新の介さんが書いた本。 1980円で買えます。 クリック⇒「維新流トレード術」(動画付きだから分かりやすい) アマゾンでも売られている。本のみですが。 この1章だけでも頭に叩き込んでおいてほしい。 目次だけ列記し...
書籍

読んでほしい本の紹介です。

維新の介というプロトレーダーの本です。 クリック⇒「維新の介さんのFX本」 私はFXより株の方が好きなのですが、 この本はとても参考になります。 いつでも読めるように手元に置いています。 「利確も損切りも同じこと」 ...
プロ・機関・仕手

男は、命を賭して戦えるものを求めている。

(全5巻) このマンガの最終巻である5巻に こんなセリフがある。 満吉: 「教えてくれ志麻ああああーっ!! ワテら何のために相場張っとるんや!! 何のために戦っとるんやあああ~!?」 志麻: 「おれにも分からない...
書籍

何人たりとも生き残れない。

この4冊の雑誌をペラペラとだが読んだ。 掲載されている年は2010~2011年で リーマンショック後ですね。 (レバレッジ規制前でもある) ほとんどすべての方が1度資金を大きく飛ばしてます。 その後に猛勉強して資...
マインド・メンタル・心構え

メンタルの変化を教えることのできるのは、自分のみ。

『波乗り株トレード』の電子書籍です。 この本を読んでも勝てません。 なぜなら頭で理解できていても 欲に捕らわれてメンタルが耐えられないからです。 実際にやれば分かりますが、 すぐ利確してしまったり 建玉の間隔を開けずエン...
FX

現役トレーダーの言葉は深重です。

FXをする前に必ず読んでほしい。 無料でこんだけ深みのある言葉が聞ける。
FX

基本的で分かりやすいFXの本です。

入門したての方や始めたばかりの方は是非買って読んで下さい。 これは手元に置いておいて損はしませんので。 分かりやすく基本を押さえてあり、それでいて奥が深い。 本代くらいわけなくトレードで取れるから買ってね。 安いもの。 ...
ナンピン・売り乗せ

利確10%以上、損切り2%以下。ナンピンなし。

トレード初心者は絶対読め!! これは窪田剛さんの本です。 彼はトレードで得た利益で ニューヨークにレストランを経営したり、 ネパールに学校を建設したりと、 トレードの利益で社会貢献をしているトレーダーです。 1981年生ま...