上がるか下がるか、しかない。

 両建て, 相場の基礎  上がるか下がるか、しかない。 はコメントを受け付けていません。
1月 132019
 

「両建て」では勝てません。
ですが訓練にはなります。
エントリー回数が2000回も無い人は
両建てで訓練することをお勧めします。
その理由を書きます。

年明けの為替市場では
急激に円高に振れました。
(1ドル108円から一気に104円に)
これにより強制ロスカットで全部飛びました。
(朝起きて確認したら???になった)

私は大きく動いたとしても1円か2円だろう。
そうタカをくくっていたので
今回の4円の動きは大きな驚きと学びでした。
少ない金額の損失で、いい経験だったと慰めています。
(でもやっぱりお金を増やしたかったな)

こんな勝てない両建て手法にも大きなメリットがある。

「相場は上へ行くか下へ行くかの2択しかない」

両方のポジションを持つと
同時に上がったらここまでくらいかな、
下がったらここまで落ちそうだな、
それを同時に考えることができる。
つまり2つのシナリオを頭に想定できる。
これが一番のメリットです。

それとポジションバランスに注意すれば
少ない種金であっても
エントリー回数(経験値)を増やせる。

私はデモトレードには反対の立場です。
なぜなら負けてもほとんど痛みがないから。

お金がかかると負け続けたら嫌になる。
連敗期は必ず訪れるのだから
デモで勝てても連敗期で退場し、恨んで辞める。

デモをするくらいなら
リアルマネーで両建てをしてほしい。

過去記事で紹介したこのマンガの人物、
志摩が3年間のムショから出てきて
最初に両建て取引をした。
物語では友人殺しの犯人捜しとして使った策だが、
私は3年間のブランクによる相場の感覚を取り戻すため
両建てで練習したのではないかとにらんでいる。

トレードはスポーツのようで
値動きの感覚は訓練しないと身につかない。
日頃の訓練を怠ればカンが鈍る。

「相場は上か下かしかない」

こんなシンプルなルールですら
欲によってカンを鈍らせ、判断を狂わす。

そういったことを両建てをすることによって理解できると思う。

株は売り豚で大丈夫。

 相場の基礎, 空売り  株は売り豚で大丈夫。 はコメントを受け付けていません。
12月 242018
 

ビジネスで儲け続けることは恐ろしく難しい。
過去の記事でも書いたが、
どんな銘柄でもチャートは「山」か「すべり台」の形で
最終的には倒産に向かって歩んでいく。
たとえ努力している企業でも底辺を這いつくばるチャート。
いつ上昇に転じるかは未知です。

過去記事:https://kabu-fx.naokilovesyou.com/?p=101

『どうして儲け続けることが難しいか?』

経済社会におけるニーズは絶えず変化している。
ニーズを常に勉強し、会社をそれに合わせなくては
お客からの支持を得られずに儲けられない。

だけれども人は勉強したくない動物で、
(向上心がないならアニマルと同じだぞ)
しかも変化を嫌って安定を求める動物です。
(変化=リスク増=怖いよ)

しかもお金を儲けたい企業は他にもたくさんいて
その中で勝ち残っていかなくてはいけない。
つまり戦いの連続。
ハードな消耗戦。

昨今は人材不足で泣いている会社も多い。
それをいいことに従業員の賃上げ要求や
隙あればサボってやれの怠け者も一定数いる。

経営陣もそう。
創業者なら遮二無二働くが、
サラリーマン社長では事なかれ主義を貫こうとして
無事満期を終えるのに必死。
そのためには無難な経営を心がける。
新事業に手を出すなんてとんでもない。

技術の発展で(特にIT技術)
代替品の登場が市場を変えていくこともある。

例:スマホの登場
・本屋、CD屋、レンタル屋が淘汰される
・コピー機、カーナビなど売れない

最後のとどめはバカ高い税金(最高55%)が待っている。
せっかく利益を出せたのに
税金を払ったら手元にお金がない。
これでは次やってくるニーズのための成長戦略を描けず、
企業のパワーアップができない。

2019年から消費税が10%になる。
これは消費低迷をまねく政府の愚策。
企業経営をどんなに頑張っても防げないことはある。

経営環境を常に勉強しないとダメ
会社を変化し続けないとダメ
従業員教育を怠ってもダメ
社内の不正を管理しないとダメ
サラリーマン根性の経営ではダメ
ライバル会社に勝たないとダメ
儲けたら税金を払わないとダメ
増税方向で日本全体がダメ

ダメダメ尽くしで株価を上げ続けることは至難の業。

私は株は空売りだけでもいいと思う。
ダメそうな企業の方が多いから
買いで入るよりも売りで入った方が儲かる可能性が高い。

売り豚OK!!

1つだけ株トレードには有利なことがある。
株所得税率・配当税が20%のみ。
どれだけ稼いでも20%はありがたい。

他のビジネスでも20%なら日本経済は復活するのだが、
それを理解する政治家はほぼ皆無です。

あなただけは上記のことを理解して下さい。

怪しいからこそ買い。

 ウォーレン・バフェット, 仮想通貨, 相場の基礎, 菅下清廣  怪しいからこそ買い。 はコメントを受け付けていません。
1月 252018
 

ウォーレン・バフェットが言う。

「仮想通貨に総じて言えることは、
ほぼ間違いなく悲惨な最後を迎えるということです。
それがいつ、どのように起きるかはわかりませんが」

彼は「理解できないものには投資しない」
ということを常々言っていて
IT企業の株を買わずにいた。
しかしITが普及した現在、
それは間違いだったと過ちを認め
アップル株を爆買いしている。

「誰もが理解できた株はすでに上がっているの!!」

バフェットは引退した方がいい。

仮想通貨の場合もITの時と似ている。

「こんなものは通貨にならない」
「それを認めたら法定通貨はどうなるんだ?」

「これはすごい技術だ」
「広まったら我々の生活はもっと便利になる」

賛否両論、半々くらいだろうか。

以前紹介した菅下清廣氏は
「私なら仮想通貨関連に集中投資する」と言う。

ヤフーが登場した時
何をする会社か皆がよく分かっていなかった。
その時に勇気を出して買った人は儲けられた。
200万円が1億円を超えたのだから。

それが仮想通貨に起こらないとは
誰も断言できない。

皆が安全だとみなした時点でもう遅い。

賢明な投資家という称号は
バフェットではなく菅下氏に贈られるであろう。

なぜならブロックチェーンは法定通貨を破壊し
全く新しい経済社会を創造していく
凄まじい技術だから。

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

総悲観はいつも買い。

 仮想通貨, 相場の基礎  総悲観はいつも買い。 はコメントを受け付けていません。
1月 232018
 

ビットコインがこの1ヶ月で
約半分まで下落した。
200万円だったのが100万円に。

どうして下落したのかというと
韓国や中国で仮想通貨に規制をかけたから。
欧州でもそんな気配がある。

私は「ブロックチェーン」という素晴らしい技術を
それが取り入れられた暗号通貨(仮想通貨)を
熱烈に支持している。
(今年1000万円まで行くかもしれない)

それは経済の仕組みを大幅に変革させます。
そしてそれは消滅させることはほぼ不可能です。
なぜならインターネットが私たちの毎日に
無くてはならないマストとなっており、
仮想通貨の発明は個人の力を取り戻す
大いなる武器となったからです。
その武器はごく一部の者が吸っていた甘い蜜を
末端に生きる我々のところにも流れ込ませる。
誰でも苦い味ばかりをナメてはいられない。
スウィーツの強迫観念には勝てないのだ。

法定通貨は暗号通貨に負ける。
ガソリン車が電気自動車に負けるように。
抗ってもそれは無駄なあがきです。

ビットコインは100万円は買い。
それ以下ならバーゲンセールです。

仮想通貨を見くびっていた過去の私は
気づいていませんでした。
こんなにすごいものだということに。

私を尻軽男と呼んで下さい。

ファンダメンタル投資でもロスカット設定は必須。

 EPS, PER, ファンダメンタル, 損切り・ロスカット, 相場の基礎  ファンダメンタル投資でもロスカット設定は必須。 はコメントを受け付けていません。
12月 052017
 

また同じ雑誌になりますが
12月号の「ビッグトゥモロウ」にありました。

ハンドルネーム:nextir35(30代の男性)
という人の銘柄選びが載っていまして。

EPS × PER = 妥当な株価

この公式に当てはめて
現在の株価とのギャップを見て探し出す、と。

※EPSは過去のものではなく来期の会社予想のもの

彼が実際に購入した株は日本ライフライン(7575)
2月に2000円くらいで
妥当株価4300円まで上がりました。

彼の成績は
2010年:スタート時は退場?したことも
2012年:96%
2013年:935%
2014年:227%
2015年:90%
2016年:91%
2017年:125%(8月時点)

彼のブログを読むと

https://kininarukabu.com/

どこにも損切りのことが書いていなくて、
買った株価を下回ったら
どこで見切り売りするのか。

90%台を下回っていないので
もしかしたらロスカット幅は10%かもしれない。

私はファンダ投資を否定はしてませんが、
関心がないのでやりません。
なぜならEPSもPERも株価を動かす要因ではなく、
投資家たち全体のその銘柄に対する”総意”が
株価を決定するものですから。

投資家同士の現在株価が高いか安いかという判断は
全く予想できないものです。

予想できないのだから
ファンダでもテクニカルでも
損切り幅設定をしっかり決めて断行しなくては
ついには退場することになります。

一発退場しない公式はありますが、
株で絶対儲かる公式は無いです。

上の公式は参考程度でお願いします。

今夜安心して寝られたら、明日逆行する。

 投資家心理, 相場の基礎  今夜安心して寝られたら、明日逆行する。 はコメントを受け付けていません。
11月 052017
 

私が空売りを始めて間もない頃、
ある上昇中の銘柄を
空売りナンピン(売り乗せ)していた。
首が締め付けられてキリッキリだった。
そんな時比較的よい材料が出たので
明日はもっと上がるだろうと思って
ベッドで頭を抱えた。
「こりゃ追証で退場かよ」
翌日確認すると寄り天で
思ったほど上がらずにマイナス引けに終わった。

またある空売りした銘柄では
ダウがマイナス150ポイントで始まり、
ウシシ…と明日はどこまで下げてくれるかと
ニコニコしながらベッドで安眠した。
翌日確認するとダウはマイナスからV字回復して
プラス200ポイントで終わっていた。
その銘柄は爆上げして大きな含み損を抱えた。
当時は損切りできない人間だったので
慌てて追加で資金を足した。

あなたのお金がきっと減ってしまうような
危険なタイミングでエントリーをしないと
株で儲けることはできない。
なぜなら相場で9割の人は負けているから。
残った1割でさえも、いつ9割側に移ってもおかしくない。

お金を減らしたくて、株をする人は皆無だから。

先に買う。先に売る。

 株価, 相場の基礎  先に買う。先に売る。 はコメントを受け付けていません。
11月 042017
 

「株価がなぜ上がるか?」
買う人が売る人よりも多いから。

「株価がなぜ下がるか?」
売る人が買う人よりも多いから。

あなたは株価が上がると思って買った時、
上がってくれたがそんなに上がっていかなかった。
どうしてなのか?
上がると思って買った人がもうすでにいたから。
その時点で株価に織り込んで上がってしまっている。
だからあなたが買った時にはそれほど上げていかない。
むしろ下げ出し始めることだろう。

「どうしたら儲かるのか?」

上がると考えたら誰よりも先に買っておくこと。
下がると思ったら誰よりも先に空売りしておくこと。

先に仕込んでおくというのは
本当につらい。
なぜならいつ思惑通りに動くか分からないし、
不利な材料が出たらどうしようかと不安でたまらない。
保有リスクは非保有リスクよりも精神的に疲れる。
ですがそうしなければ株で儲けるなんてできません。

株トレードは苦しみに満ちたビジネスです。
(他人のお金なら減っても平気なんですが・・・)

会社という生き物にはピークがあり、いつか死にます。

 情報教材, 書籍, 株の学校123, 泉幹, 相場の基礎, 空売り  会社という生き物にはピークがあり、いつか死にます。 はコメントを受け付けていません。
3月 232017
 

泉幹さんは
「永久に上がり続ける株なんて皆無」
と断言している。
だから空売りを勧めている。

私もそれには同意していて、
ビジネスというのは本当に本当に難しく、
10年も稼ぎ続けられる会社はない。
(会社設立後10年以内に倒産するのは94%)

儲かると分かればマネする会社が現れて
どんどん顧客を奪い利益を吸い取られる。
独占企業といえども特許の有効期間は20年だし、
新技術が生まれれば単なるゴミになる。

日本を代表する上場企業ですら赤字を出している。
タカタ、三菱自動車、シャープ、東芝ets
スカイマークは何と倒産してしまった。

あんまり気乗りしませんが、
日本株は「売り」で入る人の方が
「買い」で入る人よりも儲かる可能性が高い。

株の格言に『天井3日、底3年』というのがあり
上がる期間は本当に短くて
下がって低迷し続けるのは数年はかかる。
いやそのまま倒産することだって多々ある。

だからあなには「空売り」という技術を覚えてほしい。
売りと買いの両方を使いこなせてほしい。

泉さんの空売り手法はシンプルです。
75日移動平均線を“方向線”と呼んで、
その線が上向きの時、線の下から上へと突き破ったら買い
下向きの時は逆で、上から下へと下落したら売り
というルールです。

彼は本を書いています。
興味のある方は一読をお願いします。

泉幹さんの塾のレターを読んで下さい。

「泉式空売り塾」(128000円)

株の知識や情報はほとんど役に立たないと言っている。
たとえ良質な情報があっても私たち個人が得た頃には
すでに株価に織り込んでいる。
だからそんなものを勉強したり追い求めてもムダだと言う。

それに加えて
いつ何時襲われるか分からないXXショックや事件、事故
大幅下方修正、会社更生法申請、地震・津波
そんなものどうやって予想しろと言うのか。

絶対に誰にも明日のことは分からない。

ちょっと塾の配布コンテンツを載せてみる。

第1回:買い目線から売り目線に変えるマインド転換
第2回:トータルで利益を目指す思考法を身に付ける
第3回:さあ、信用取引を始めよう!!
第4回:ビートダウントレードを活用したシステム売買
第5回:マウントトップストラテジーで初動をとらえる
第6回:泉式MACD戦略
第7回:泉が考えるプロの思考法
第8回:空売りを注文してみよう。逆指値の活用法
第9回:ノンタッチエントリーでエントリーしてみよう。
第10回:銘柄選択の大切なポイント!
第11回:相場の上限で空売り、下限で利益確定をする方法
第12回:ロスカット経費という考え方
第13回:泉式空売り塾の売買法とは。
第14回:トレードトレーニング法と未来予想図の作成方法

ロスカット=経費と言っているのはマトモなトレーダーです。
内容は決してバカげたものではなさそうです。

しかし高い。
それに後からさらに高額なものも案内してくると思う。
http://123kabu.jp/course/basic.html
ベーシックコース(248000円)
マスターコース(682500円)

だから本気の人だけ買えばいい。

まあ株をやらなければ絶対に損はしませんので、
それが一番マトモな人間かもしれませんね。

相場がなければ経済社会は歪む。

 相場の基礎  相場がなければ経済社会は歪む。 はコメントを受け付けていません。
12月 182016
 

FXや株式トレードは何の価値も生み出さないと言われる。
世間の評価では相場はマイナスイメージです。
「あんなものはバクチだよ」
まるでヤクザと同系列扱いです。

でも少し考えてみてほしい。

為替市場や株式市場がなく、
為替が何の変化もなく固定相場だったとしたら?
株価が企業側で決められた価格だったとしたら?

混乱しませんか。

資本主義は「神の見えざる手」が働いて
価格は需要と供給とで決定される。

相場を否定する=自由競争主義を否定する

残念ですが競争のないところに発展はない。
なぜなら競争しないと人間は怠けて動物みたくなる。

それを踏まえ相場の存在価値を考えて直してみる。

確かに相場というのは
誰かが得をすれば誰かが損するという勝敗の世界です。
(厳密には97%が損する世界)
でもそれっていうのは強制されたわけではない。
負けるのがイヤなら勝負しなければいい。
その選択の自由は許されている。

それにビジネスの世界全般においても勝敗が存在する。

「生きている限り、勝負の世界から逃れられません!!」

経済社会は勝負が前提の世界なのです。

私の結論を言おう。

相場はビジネスである。
それは堕落を阻止する人間の精神修養の場である。

やるなら勝て!!

素人は予想できると思っている。

 予想, 相場の基礎, 素人・大衆  素人は予想できると思っている。 はコメントを受け付けていません。
10月 102016
 

私もそうであったが、
素人はチャートや財務などを分析すれば
上に行くか下に行くのか
分かるはずだと盲信している。

もしくは裏の情報をつかんでいるから
先回りしてエントリーできている、
だから儲けられるのだと。

どこかに株で稼いでいる人がいると知ると

あなたは儲けている
=上がるか下がるか分かる
=それを知る方法・情報を知っている
=その方法・情報を知れば自分も稼げる

そう信じ込んでいる。

これは論理的な思考で
当然そう考えても不思議はないことです。

でも仮にそれが正しいとすると
どうして証券会社は自分の会社の株価を低迷させているの?
毎日チャートや財務諸表を調べ上げたり、
企業からの情報をいち早く知れる体制があるはずなのに。
株の専門家だよ。

答えは、未来の株価は誰にも分からない、分かりっこない。

どうして分からないのかと言うと

・買う人が売る人よりも多ければ上がっていく
・売る人が買う人よりも多ければ下がっていく

その瞬間に買う人・売る人はそれぞれ何人いる?
その時、株数はどれくらい突っ込むの?

こんなことを知ることは不可能です。

・参加者人数が分からない
・老若男女誰でもOK
・力士やプロレスラーの参加も可能
・ウィンチなどの機械の持込みもあり
・形勢不利を見越して鞍替えの許可あり

そんな『綱引き』の勝敗、誰が分かる?

相場の行方は誰にも分からないということをまずは知る。
それが素人の集まりである大衆投資家から卒業する条件です。