2月 042016
 

HOMEファイナンスという
サイトを見て下さい。
(運営会社:株式会社テクノ)

こちら(キレイなサイトです。そこが怪しい)

ファーマフーズという会社が暴騰して
会員さんが儲けたらしい。
どうしてこの会社が上がると分かったかと
レターにこうある。
(儲けの流れ)

1、情報源からの情報提供

2015年8月中旬、信頼する情報源であるIT企業の重役から
ファーマフーズで大きな動きがあるとの情報が舞い込みました。
ファーマーフーズに近しい食品業界からも裏付けをとり、
9月初頭に分析チームを発足。
検証の結果、高騰材料があるとの判断を下さいました。

2、情報提供と会員様買い付け

次に提携する海外投資機関と交渉。
資金注入の確約が取れたため、
ファーストゲイン情報として参加者募集。
9月15日に20名枠の会員に304円で買い付けを提供。

3、投資機関の買い付けによる後押し

9月18日に徐々に機関の買い付けが入る。

4、一般の投資家からの大量注文。

10月5日「ガン免疫療法の新手法」のビッグIR

5、利益確定

会員全員が660円で利確。売り抜け成功。

いや~
まあこんなキレイごとよく書いてくれましたよ。
感心した!!

この会社は売買指示をしていますね。
投資助言をして商行為をするには
○○財務局長(金商)第××××号
このような登録番号が必要です。絶対に。
でもこのサイトにはどこにも記載がない。
何で?
詐欺会社だから。

会社の設立日は平成3年8月3日で
もう20年も前に運営しているのに
こんなことも知らないとは呆れる。
どうして登録しないのかというと
登録するためには預託金が必要だからです。
(700万円だったかな)
それすらも稼げない会社の投資助言なんて
虚言に決まっている。
資本金1億3000万円なんてまあ抜け抜けとほざくね。

それに変だと思いませんか。
検証して上がるという確信の元、
提携先の海外投資機関の資金注入の確約が取れた。
その後にたった20名だけに有料提供。

通常提供価格:99000円

20名だけなら200万円弱の儲け。
こんな立派なウェブサイトを作り
ご苦労にも有料広告を出して
会員のためにがんばるよね。

なぜ全資金をファーマフーズ株購入に使わないの?
会員200万円なんて放っておけばいいじゃない。
というか会員なんて必死に募集しなくても
自分たちで稼げばいいじゃんか。
変なの。

しかもインサイダー取引の疑いがある。
こんなビッグなIRを外部へと漏らした内部関係者は
ファーマフーズにとってはクビ切りたい存在だ。

それにこのサイトを見ると
何だか私が過去に競艇予想のサイトを思い出させる。
BMSという名前でした。
それは予想を買った人と買っていない人とで
ホームページに載せるレターが違っているというものでした。

買った人には負けた情報でも正直に載せて、
(信用を壊さないようにと)
買っていない人には勝った情報しか見せない。

このサイトもそんな怪しさがある。

「あなたなら確実に儲かる情報を他人に教えるか?」

よしダメ押しの詐欺の証拠を言ってやる。

このサイトの運営会社は株式会社テクノ
サイト名はホーム
それはよい。

では何でホーム代表取締役社長 浅野一弘 なの?
ホームはサイトの名前であって
会社の名前はテクノでしょ!!

死ね、チンカス!!

楽して儲かるなんて
天から万札が降ってくるのと同じだからね。

Sorry, the comment form is closed at this time.