4月 172016
 

(全5巻)

このマンガの最終巻である5巻に
こんなセリフがある。

満吉:
「教えてくれ志麻ああああーっ!!
ワテら何のために相場張っとるんや!!
何のために戦っとるんやあああ~!?」

志麻:
「おれにも分からない。分からないから
いつか分かると信じて相場に命張ってるのかもしれん」

「金を儲けたいだけなら
人は相場なんて張らない」

(架空の物語ですが、1度読んでみて下さい)

『なぜ人は世に何の付加価値をもたらさない
相場などにそんなに熱くなるのか?
金儲けなら他の方法もあるというのに』

私が考えるところ。
相場をやっている人は情熱家で、
残念なことに人生に熱くなれるものを他に持っていないから
(もしくは自分の世界が狭くて、他を知らないから)
情熱を注げる世界として相場で生きているのだと思う。

孔子が
「ダラダラと生きている人間よりも
一か八かの博打をやっている奴の方がマシだ」
というようなことを言っている。

現代日本人の多くは平和ボケで生ぬるい人生を送っている。
(私もそれに入るだろう)

こんな人生でいいのだろうか。
もっと無我夢中で取り組めるものがあれば
俺の人生は充実するのだがなあ。
一度でいい、ぶっとばしてみてえなあ。

“この命を賭けられるだけの何か”

それが相場なら私はあなたを引き止めない。

Sorry, the comment form is closed at this time.