中期投資の本命銘柄:マネックス

マネックスグループ(8698)は
仮想通貨の取引所コインチェックを買収した。
私はそれはナイス判断だとしている。

社長の松本大さんがなぜ怪しげな仮想通貨業界に手を出したか。
それは経営理念に合致したからだと推測できる。

マネックスの企業理念:『未来の金融を創造する』

“MONEY”のYの一歩先を行く”MONEX”。
常に未来を見つめ、
これからの時代にあった
「一歩先の未来の金融」を創造し、
社会に貢献する企業を目指します。

(公式サイトから):https://www.monex.co.jp/

私は近未来にはドルや円などの法定通貨の力が弱まり、
独自で発行された小さな経済圏で通用する
仮想通貨(暗号通貨)によって運営されていくと想像する。
理由を一言で言うと、便利だから。

すでにブロックチェーンという新技術が世に出て
皆の知るところとなった現在、
その技術によって成り立つ暗号通貨を
世の権力者が束になっても消し去ることはできない。
核爆弾でこのコンピューター社会をぶっ壊せば別だが、
その時には権力者たちの方も消し飛ぶ。

だから暗号通貨は生き残り、
必ず普及していくだろう。
問題はそれが「いつ」なのかだ。

それが分かれば誰にも教えないが、
気長に2、3年待てる方のみマネックス株を仕込め。

金融業は売上原価(経費)が少ないので
利益率がものすごく高い。
製造業や小売業なんて利益率5%、良くても20%か。
だが金融業は50%なんて普通。
つまり金融は儲かる。
もちろんライバル会社の出現や
フィンテックを考えない(時代に合わない)ことをすれば
儲けは薄くなる。

マネックスは時代を先取りしているし、
フィンテック(金融とITとの融合)にも取り組んでいる。
だから買いだ。

チャートを見ると
2019年の世界経済の失速により
リーマンショック事後で低迷していた100円台にもなりえる。
それを意識しながら300円割れから拾っていくのがいい。
(ナンピン覚悟を)

ただし上昇するのには時間がかかる。
2年3年待てる人にしかオススメできない。
(もし買うのならば現物で)

上がればどこまで行くのか?
未知数です。
(テンバーガーも十分可能)

資金効率を考える人なら
上場来高値を付けてから買うのもありです。

私は2019年の株式市場は悲観的です。
だから株で儲けるためだけに資金を集中したいなら
マネックスを買うのではなく、
斜陽企業を売るのがいいです。
(空売り銘柄は多すぎて言いたくないですw)

この記事は買い方のために書いた私からのお年玉ということで。