儲かるならどんな手法でもいい。

 下山式波乗り株スクール(株アカデミー), 下山敬三, 両建て  儲かるならどんな手法でもいい。 はコメントを受け付けていません。
5月 092018
 

株アカデミー(旧下山式波乗りスクール)では
過去に1000万円以上負けていた人が
1年間で2000万円の利益を出したという。
この人は本業(サラリーマン?)の稼ぎのほとんどを
株に突っ込んだのでしょう。

相殺決済という損切りをしない手法というのは
プラスに持って行くのに時間がかかる。
それまで含み損に耐えなければならない。

もしあなたが潤沢な資金をお持ちであるならば
下山式両建て5分割投資法は有効です。

資金はどれくらい必要かというと
日産自動車で最低でも50万円くらいでしょうか。
(日産自動車の5月9日の終値1099円)
(信用枠:50万円×3=150万円)

ブリヂストンなら300万円は用意してほしい。
(5月9日の終値4512円)

※どちらも最小単位の100株ずつでトレードする。

どうしたって損切りできない人の気持ちを
私はよく理解できています。
それならば下山式に賭けてみる。

「儲かるならばすべて良し」

なぜなら株で勝てない人が9割以上ですから、
そんな世界でわずかでも利益を出せるなら
それだけでスゴいことだ!!

私は以前にピアノのヤマハ(7951)を推奨したが
すでに高くなってしまった。
それなら今度は東レ(3402)を推す。

あなたの健闘を祈ります。

余談:日産自動車の未来には否定的です。
なぜならガソリン車メーカーだから。

「両建てはするな!!」と言いたい。

 うねり取り, プロ, 両建て, 情報教材, 相場師朗, 逆張り・反発  「両建てはするな!!」と言いたい。 はコメントを受け付けていません。
9月 222017
 

読者の方が相場師朗さんのこの教材を購入した。

うねり取り←32184円

実は私はこの手法を大変参考にしている。
なぜなら合理的で納得のいくメソッドだから。

ただし彼は両建てをして
損切りを遅らせようと損失から逃げている。
それをしていくとせっかく苦労して貯めた利益を
いつか大きく飛ばすことになる。
何とかショックとか、赤字転落とか、大地震などで。

東芝を見て下さい。
上がり調子でホクホク顔が
ドカンと落ちて真っ青になった。

私は逆行したら
すぐに損切ってしまえ」と言いたい。
トレンド方向とは反対の建玉は全部損切れと。

含み損を抱えた玉(未練玉)は早くおさらばする。
そうしないとチャートを見る目にバイアスがかかって
エントリー判断をゆがませる。
どつぼにハマってついには命取りになるかも。
恐ろしい。

それと彼はプロは逆張り派だと言っているが、
順張り派でもプロはいると思う。

※プロの相場師の定義:10年以上勝ち続けている人

あなたはどちらを選んでもいいと思う。
「勝てば官軍」ですから。

私の場合は
お祭り騒ぎの銘柄は売り、
阿鼻叫喚の暴落時には買い、
と言ったところでしょうか。

結論:
相場さんの手法は勉強になるが、
完成度は低いです。

両建ては初心者の練習用で。ほとんど儲かりません。

 下山式波乗り株スクール(株アカデミー), 両建て, 石田信一  両建ては初心者の練習用で。ほとんど儲かりません。 はコメントを受け付けていません。
3月 192017
 

石田信一さんが両建ての良さを言っています。

メリット1:損切りの恐怖や連続負けからの焦りを激減させてくれる

メリット2:冷静にトレードルールを守れるようになる

メリット3:上手く両建てを外せば勝率が高まりやすい

メリット4:テクニカル指標から開放される

メリット5:往復で利益を上げられることがある

メリット6:資金を有効活用できる

メリット7:普段は待ち時間である持合い相場を味方にできる

メリット8:予測不能な要人発言や経済指標発表による急な値動きでもメンタルが安定する

メリット9:自分のライフスタイルに合わせてトレードできる

私は下山投資法「両建て5分割」をしたことがありますが、
一方通行に相場が動けばアウトになる
ということを知っています。
事実下山さん自身もそれほど儲かっていません。
現在は含み損で動けなくなっている。

ただしこの投資法には大負けがない。
ルールを守れば一発退場にはなりません。
初心者には有効かもしれませんね。

石田さんの両建て手法は分かりませんが、
おそらく儲からないでしょう。
なぜなら思惑通りに動いてくれないのが相場ですから。

絶えず含み損を抱えながら
確定利益が上回った時に全部決済するところを目指す。

【私からのアドバイス】

・資金の少ない人がやるならFXでする
・必ずロット数は小さくする(1万通貨以下)
・寝る前は50%:50%になるように撃つ(安心)
・安値の売り、高値の買いポジションの間で思い切って練習できる
・利益よりもエントリー回数を多くできるように心がける

やれば分かると思いますが、
・損切りしないとひどいことになるなとか
・チキン利食いはダメだな
ということを理解できる。

両建ては無駄ではない。
エントリーとイグジットの練習にはなる。

「うねり取り」という両建て手法

 うねり取り, 下山式波乗り株スクール(株アカデミー), 両建て, 相場師朗  「うねり取り」という両建て手法 はコメントを受け付けていません。
12月 192015
 

相場師朗(あいばしろう)氏の
「うねり取り」という手法は
下山敬三氏の「両建て5分割」と似ている。

・1銘柄のみ扱う
・東証1部銘柄のみ
・信用取引できる銘柄
・反対ポジション(ヘッジ)を持つ
・テーマ株を扱わない
(突如出来高が膨らんだ株)
・FXはしない方がいい

違う点は

・5分割にこだわっていないこと
・テクニカルラインを考慮して
方向が違えば損切りをしてしまうこと
(6か月後まで粘らない)

うねり取り

この教材にある動画で
多くの銘柄チャートが紹介されている。

私は両者どちらでもいいと思っている。
勝てさえすれば。

下山選定銘柄は、株価が重い銘柄。

 下山式波乗り株スクール(株アカデミー), 両建て, 値幅制限, 銘柄選び  下山選定銘柄は、株価が重い銘柄。 はコメントを受け付けていません。
12月 192015
 

下山さんの選ぶ株式銘柄は
国際的な東証1部の会社です。
もしくは日本を代表するような会社です。
要するに「大きな会社」です。

これはどういうことかというと
株価が比較的安定していることを意味してます。
(大企業が不安定なら中小企業はもっと不安定です)
だから株価の上昇も下落もゆっくりなのです。

上下動を繰り返しながら
ゆっくり上がっていくか、
ダラダラと下げていくか。

その際の上下動をコツコツ取っていくのが
下山投資法なのです。

ということは
『両建て5分割』という下山さんの投資法は
ストップ安はもちろんのこと、
ストップ高でさえも嫌いなのです。

1日3%とか5%の動きでありがたいのです。

私は下山敬三さんの『波乗り株スクール』の塾生です。

 下山式波乗り株スクール(株アカデミー), 下山敬三, 両建て, 信用取引, 銘柄選び  私は下山敬三さんの『波乗り株スクール』の塾生です。 はコメントを受け付けていません。
12月 182015
 

このブログで成果が分かります。

http://naminori99.xii.jp/1000/

問い合わせがあればこの銘柄を教えます。

★その投資法とは?

『信用5分割で両建て』

※両建てとは、買いと売り(空売り)の両方を持つこと。

★銘柄選定は?

・世界的企業(輸出企業)
・信用取引ができる
・値動きがある
・出来高が大きい

下山さんの代表株は
ブリヂストン(5108)です。
過去には日東電工(6988)を取引していたそうですが、
株価が上がり銘柄を変えたそうです。

コツコツ利益を積み上げていく投資法で
我慢できない人は参考になりません。
やりたい人は含み損を覚悟して下さい。