9月 222017
 

読者の方が相場師朗さんのこの教材を購入した。

うねり取り←32184円

実は私はこの手法を大変参考にしている。
なぜなら合理的で納得のいくメソッドだから。

ただし彼は両建てをして
損切りを遅らせようと損失から逃げている。
それをしていくとせっかく苦労して貯めた利益を
いつか大きく飛ばすことになる。
何とかショックとか、赤字転落とか、大地震などで。

東芝を見て下さい。
上がり調子でホクホク顔が
ドカンと落ちて真っ青になった。

私は逆行したら
すぐに損切ってしまえ」と言いたい。
トレンド方向とは反対の建玉は全部損切れと。

含み損を抱えた玉(未練玉)は早くおさらばする。
そうしないとチャートを見る目にバイアスがかかって
エントリー判断をゆがませる。
どつぼにハマってついには命取りになるかも。
恐ろしい。

それと彼はプロは逆張り派だと言っているが、
順張り派でもプロはいると思う。

※プロの相場師の定義:10年以上勝ち続けている人

あなたはどちらを選んでもいいと思う。
「勝てば官軍」ですから。

私の場合は
お祭り騒ぎの銘柄は売り、
阿鼻叫喚の暴落時には買い、
と言ったところでしょうか。

結論:
相場さんの手法は勉強になるが、
完成度は低いです。

Sorry, the comment form is closed at this time.