アメリカで好調なラウンドワン。

ラウンドワン(4680)が気になってます。
株価は1700円手前(2019年8月26日時点)
128300の株不足に陥っている。
チャートを見ると
上がれば踏み上げで2000円も夢ではない。

ホームページ内を探し
部門別売上高を見ると、
アミューズメントで半分くらいの売上を得ている。
主力のボーリング事業は2番目。

【ラウンドワン】スポーツからリラクゼーションまで複合エンターテインメント空間「ラウンドワン」
スポーツからリラクゼーションまで。複合エンターテインメント空間「ラウンドワン」のWebサイトです。

私はUFOキャッチャーで遊んだことがありますが、
日本のUFOキャッチャーの8割9割がラウンドワン。
その景品を製造しているセガやバンダイは
ラウンドワンに頭が上がらないらしい。

ゲームはそのまま現金が入るし、
パチンコは換金がないのでこれもそのまま現金収入。

初期投資として機器を導入しないといけないが、
UFOキャッチャーと同じく
ゲーム機器メーカーはラウンドワンに頭が上がらない。
「機器を置かせてやるが、不人気なら排除するよ」
と強気立場でいられる、

家庭用ゲーム・スマホゲームに押され気味の
卓上ゲーム・大型据え置きゲーム。

ラウンドワンのような殿様商売にはウマミがある。

出店計画・オープン予定のページを見ると
2019年からすべてアメリカで
米国進出を本格化している。

ROUND1はなぜアメリカで成功したのか? | IT企業をサポートする IT弁護士MEDIA
ROUND1はなぜアメリカで成功したのか? | IT企業をサポートする IT弁護士MEDIA

弁護士の藤井聡さんの分析記事を読むと
アメリカでの事業はこの先も明るく好調が続くみたいです。
日本と同じくボウリングよりもゲームセンターが人気。

ラウンドワンの株に対する私の予想は
(予想はよそうですがW)
「空売りはするな」です。
だから買い目線で見ています。

【追記】
ラウンドワンに関する私の意見
よろしければお読み下さい。

センターピンを倒せば、楽になる。
ボウリング運営ナンバー1のラウンドワン。飽和している日本市場の次の進出先としてアメリカ市場へと目を向けた。2006年ハワイに出店できたが3年かけて計画してきたのに撤退・清算。その詳しい理由は知りません。米国市場をあきらめきれなかったのか20