JTは医薬品メーカーになっていくでしょう。

日本たばこ産業(以下JT)が慌ただしい。

・セブンスター製造の九州工場廃止
・フィルター製造の田川工場廃止
・2か所の葉タバコの原料調達部門を廃止
・生産設備系の会社を清算
・1000人規模のリストラ
・JTビル売却(売却利益なしでした)
・配当金154円から130円に

主力商品であるタバコの売上が年々減少し、
そこに2020年10月1日からの増税が追い打ちをかけた。

国内の人口減と増税方向で
タバコの消費量は確実に減り続ける。
「マズいぞ!」

ひとのときを、想う。JT | JTウェブサイト
JT(日本たばこ産業株式会社)の公式ウェブサイトです。たばこ・医薬・加工食品などの商品情報をはじめ、キャンペーン、各種取り組みなどJTグループのさまざまな情報をご紹介しています。

JTのホームページによると
タバコの税負担は61.8%と
ビール48.5%よりも高く、
税負担物の中で最も高い水準にある。

例:メビウス540円の内税は333.97円

世界各国を見ると
日本の税負担率は低くない。
これ以上の増税はJTにとって残酷だ。
倒産したら税収が激減だぞ。

このグラフで面白いのは
アメリカでは州ごとに税率が違うこと。
同じタバコでも値段が違うらしい。
ニューヨークが一番高い。
安いのがアイダホ州で
その差は3倍以上もあるそうです。
多民族国家だからでしょうか。

日本のタバコは先進国の中で安いから
もっと値上げして課税せよと言われている。
JTが頑張って生産効率を上げているからこそ
利益を出せる価格帯を実現できている。

私はタバコを吸わないが、
タバコには長い歴史があるし、
嗜好者の楽しみを奪うほど狭量ではない。
よってこれ以上の増税には反対です。

海外での積極的企業買収と販売により
海外タバコ事業は軟調に推移しているが、
国内は苦戦。

これを克服するにはタバコ以外の事業を強化するしかない。

注意:JTの大株主は財務大臣。
(持ち株比率33.3%)
貴重な税収源なので、JTは倒産しません、させません。

現在は医薬品と食品部門がある。
(2015年に飲料系事業を撤退)

傘下には鳥居薬品(4551)と
テーブルマークグループの2社を抱える。

鳥居薬品株式会社
鳥居薬品株式会社のホームページです。世界に通用する医薬品を通じて、人々の健康に貢献します。
うどん・お好み焼などの冷凍食品、パックごはんならテーブルマーク
冷凍食品、パックごはんならテーブルマーク。商品情報、最新のCM、キャンペーンやプレゼントなど得するコンテンツも充実!すぐに活用できる簡単レシピも公開。

JTが第2の柱にしたいのは医薬品事業でしょう。
なぜなら利益率が高いから。

鳥居薬品の主力製品の領域は以下の3つ。

・腎臓透析関係
・皮膚疾患(アトピーなど)
・アレルギー(花粉症)

過去にはHIV関連もあったが、
日本での販売権を喪失してしまった。
これが痛い。

ホームページにはオリジナル新薬創出に挑戦とあるが、
私はJTは医療分野は得意ではないと思うので、
ジェネリック(後発医薬品)メーカーを
買収するのではないかと睨んでいる。
創薬は利益を出すのに時間がかかるのでパスする。

「買収先企業はどこだろうか?」

◆条件

・系列ではなく独立系製薬メーカーであること。
・新薬開発よりも既存薬品を保有中メーカーであること。
・JTにはフリーキャッシュが5000億円あるので
時価総額が5000億円以下であること。
(参考企業:鳥居薬品(4551)【870億円】)
・JTはタバコの会社ですので、
肺や気管支系の会社は提携案を拒絶する可能性が高い。
・我々投資家は上場企業のみを対象とする。

私が思う○が候補先として有力。
以下参考程度にお願いします。

●ジェネリック系【時価総額】(順不同)

○沢井製薬(4555)…業界1位【2200億円】
○東和薬品(4553)…3強の一角【1090億円】
○日本ケミファ(4539)…売上8割がジェネリック【95億円】
×日医工(4541)…エーザイと戦略的提携【670億円】

●独立系

○扶桑薬品(4538)…人工腎臓用透析【250億円】
○大幸薬品(4574)…正露丸、感染管理クレベリン【700億円】
○ゼリア新薬(4559)…消化器系、滋養強壮ヘパリーゼが柱【1100億円】
△ツムラ(4540)…漢方国内8割超【2600億円】
△キョーリン製薬(4569)…ぜんそく、去痰剤が柱。ジェネリック売上比率28%【1250億円】
△富士製薬(4554)…女性医療・血液がんが強い【420億円】
△ロート製薬(4527)…目薬世界1位【3680億円】
×参天製薬(4536)…眼科用薬品首位【6470億円】
×日本新薬(4516)…泌尿器、血液内科、婦人【5440億円】
×久光製薬(4530)…サロンパス【5800億円】

●医薬品卸業界は考えにくい
パイプがあるのでJTからの提携にイエスと言うかな?

×アルフレッサ(2784)…国内卸首位【5220億円】
×メディパル(7459)…卸2位【5470億円】
×スズケン(9987)…卸3位【4470億円】
△中京医薬品(4558)…置き薬。東海地区基盤【43億円】

●その他の医薬品企業

★私の結論

1社に決めろと言われたら
分かりません。ごめんなさい!

「次に食品事業も強化していくとすると
どこと提携するだろうか?」

私の別ブログの過去記事で
東証2部セイヒョー(2871)というアイスクリーム会社を
買収するといいかもと言っている。
なぜならアイスは利益率が高いから。

集中戦略は、頭を冷やして考える。
カンボジアで3つの事業を行なっている日本の上場企業がある。リネットジャパングループだ。この会社の日本での事業は「ネットオフ」というサイトにて中古の本やDVD、ゲームなどをネット販売していたり、小型家電のリサイクルをしている。タダ同然で手に入

セイヒョーの時価総額14億円。
JTとTOBしたら株価暴騰。
その時は完全子会社化されるでしょうね。

キャッシュが5000億円もあるから
他にも候補先はいくらでもありそう。
ただ食品関係は利益率が低いので
私としては医薬品関係をおすすめしたい。

JTの株価チャートを見ると
2016年あたりから下げトレンド。
1500円台も視野に入っている。
だからJT株を買ってはいけない。
倒産はないからと言って上がらない株を買うな。

上記のようにタバコは世界的に
禁煙方向・増税(値上げ)方向にあるので、
JTの国内成長戦略はタバコ以外で模索するしかない。
海外はそのまま営業強化に集中を。

コロナ禍にある最中の2021年。
JTは業務提携先を血眼になって探すと思う。
さあどう出るか?

儲かったら買って!

error: Content is protected !!