悪材料は小出しする。

 企業の事件・事故  悪材料は小出しする。 はコメントを受け付けていません。
11月 072018
 

10月28日の記事で
KYBは「2000円近辺まで待て」と書いた。

https://kabu-fx.naokilovesyou.com/?p=719

それについては今は訂正しません。

なぜなら企業の悪質行為が暴露された時、
その全容をいっぺんに報道することはない。
ほぼ必ず数回に分けて
「実はこんな悪さもしてました。ごめんなさい」
と小出しに出してくる。
だからKYBはまだ隠蔽していると思う。

創業100周年を目前にして
この隠蔽体質は相当に根深そうです。
大企業病は治りにくい。
ソニーもそうでした。

100億円の純損失はまだ序の口。
おそらく1000億円くらいあるんじゃないの。
確証はないが。

チャートを見ると何だか弱い。

空売り野郎(売り豚)どもが
空売り体制でPCの前に虎視眈々と狙っているのが目に浮かぶ。

KYBは買うな。
むしろカラ売れ。

本心は日本のものづくりを応援しているのですけどね。
何でこんなふうになってしまったのか?

リーマンショック時に若者をいじめたからです。

株主優待よりもキャピタルゲインを狙え。

 その他のトレーダー, 斜陽業種, 配当・株主優待  株主優待よりもキャピタルゲインを狙え。 はコメントを受け付けていません。
11月 072018
 

「値幅名人」として知られている高沢健太氏の
株主優待をほぼゼロ円でゲットする方法が
下の雑誌に書かれていた。

彼の公式サイト:https://takazawakenta.com/

株主優待はメルカリやヤフオクで売って現金化できる。
安くすれば売れます。

その手法は、優待や配当の権利落ち日より前に
(彼は2週間前に、と言っている)
現物買いと信用売りの両建てをして、
権利落ち日に両方のポジションを決済すること。

注意点は大きく2つ。

・信用口座の開設に審査があること。
(最低30万円を用意し、株の経験が半年以上)

・信用取引手数料がかかること。
(逆日歩という費用がかかる場合もある)

逆日歩(ぎゃくひぶ)を回避するには
日経平均採用銘柄を選んで取引するとよい。

雑誌内で取り上げられている銘柄は
ANA、マクドナルド、すかいらーく、スシロー、
それにディズニーランド経営のオリエンタルランドの5銘柄。

この手法に対しての私の意見。

「優待目当てのトレードはするな」

やはり株をする醍醐味は値ざやで稼ぐキャピタルゲインでしょう。
配当取り(インカムゲイン)もいいけど、
日本は配当2重課税という嫉妬税制のせいで配当率が少ない。
だから株トレードは値ざやを取りに行け。
どうしても取れない人は株を辞めろ。

ところで上の5社で積極的に買いたい銘柄はない。

航空会社は苦しみの経営の見本。
円安でダメ。石油価格が上昇中でダメ。
墜落事故が起きてもダメ。
SARSのような疫病が蔓延したらダメ。
ダメ尽くし。
(JALもANAも空売りを推奨します)

飲食業界も競争激烈で利益率10%もない。
食中毒が起きてダメ。
求人しても働き手が来ないのでダメ。
キツイ・しんどいからダメ。
売上げに伴う食材廃棄が大量に出てダメ。
出店攻勢に出ようと(売上げ拡大を狙おうと)
店舗作りの初期投資費用がかかりすぎてダメ。
そもそも食べ物は消費期限があるので腐るからダメ。
(飲食業界はほぼ全社、空売り推奨です)

唯一マトモなのがオリエンタルランド。
だが私はディズニーなんてつまらんので買わない。
(アニメはジャパン派です)
エンタメにおいて飽きさせない努力は並大抵のものではない。
アジアからの観光客誘致で売上げの安定化を図ってほしい。

マイニングは東北地方でやろう。

 仮想通貨  マイニングは東北地方でやろう。 はコメントを受け付けていません。
11月 042018
 

このYouTube動画の最初の方をお聞き下さい。
(動画が削除される前に)

「某県の行政が入って、電気代を半額してくれた」と漏らしている。

何県だが分かりませんが、
首都圏から外れたと言っているので
私は東北地方の県だと推測します。

なぜなら
人口減=電気利用者減=電力会社が儲からないから。

人の生活インフラである電力供給は安定させないといけない。
そこで人口減により余剰電力が生まれる。
余らせておくくらいなら安くしてでも使ってもらおう。

それに産業が乏しいのも理由でしょう。
3.11の影響もあってか企業誘致に必死。
(法人税をたくさん払って!!)
行政機関も死活問題となれば動いてくれます。

電力業界からの反発を恐れ
電気代半額が全国に知れ渡るといけないので、
まずは地味な業界である仮想通貨系企業に提案する。

もしマイニング事業を本格的にやるならば
東北へ行って打診してみよう。
電気代を半額にしてくれるならその分利益になる。
事業は有利な条件でやるのが鉄則です。

注意:マイニング作業はビットコインが採用している
「プルーフ・オブ・ワーク」方式のみ通用する。
多くのアルトコイン(ビットコイン以外の通貨を言う)
が採用している「プルーフ・オブ・ステイク」は
マイニング作業を必要としていない。
だからマイニングで儲けようとする機会が
突然失われてしまうことが起こりえます。
その点を懸念材料として頭に入れて下さい。

KYBはまだ下がりそうです。

 企業の事件・事故  KYBはまだ下がりそうです。 はコメントを受け付けていません。
10月 282018
 

油圧機器メーカーのKYB(7242)がデータ改竄をした。
これにより株価が大暴落した。

(30年チャート)

似たような事件で2015年に
東洋ゴム(5105)が免震ゴムで不正をして
株価が暴落したが、
その後V字に回復し、下のチャートのようになっている。

それにしても
3年前に起きた東洋ゴムの事件について
KYBの経営陣は何も思わなかったのだろうか?

それをきっかけに悔い改めて
誠実な経営に切り換えていけば
その後の被害を少しは抑えることができたであろうに。
まあここで私が説教したところで何も変わらないが。

それよりも今後KYBの株価はどうなるかだ。

「2000円近辺まで待て」

これが私の意見(カン)です。

10月26日の終値2470円。
まだ下落の余地がある。
もしあなたが保有しているのなら
半分だけでも損切りをおすすめする。

マイニング機械を買うくらいなら、ビットコインを買え。

 仮想通貨  マイニング機械を買うくらいなら、ビットコインを買え。 はコメントを受け付けていません。
10月 092018
 

ビットコインなどの仮想通貨のやり取りの際、
その膨大な取引履歴に間違いがないか計算チェックする。
その作業のことを“マイニング”と言う。

そのマイニング専用の機械は
電源を付けっぱなしなので
電気代がものすごくかかる。
(最近は節電できる機械があるらしいが)
それに熱が発生するため壊れることもある。
人が管理する部分もあるので人件費もかかる。

つまりマイニングは管理費がかかるということ。

このマイニング作業で得られる報酬は
ビットコインのマイニングならば
ビットコインという報酬です。
(イーサリアムのマイニングならばイーサリアム)

管理費は法定通貨である円で支払い、
報酬はビットコインで受け取る。

ビットコイン価格が値下がりしたら赤字の可能性も出てくるぞ!?

マイニング機械の代金(初期投資)を回収し、
利益を出せるようになるには
何年かかりそうだろうか?

そんなにビットコインが欲しいならば、
ビットコインそのものを買った方がマシではないか?

ビットコインの売買の際の手数料はゼロ。
(相対取引なので、実際は数%ほどかかっている)
とはいえ、管理費を払うよりは断然安い。

私が投資するなら
マイニング投資よりも
ビットコインに投資します。

MT5が回線不通に陥った。

 FX, XM.com  MT5が回線不通に陥った。 はコメントを受け付けていません。
10月 062018
 

私のFXトレードは、XMのMT5を利用している。

10月5日金曜日の夜に
回線が不通になってエントリーできなくなった。
この原因は私のパソコンが悪いのかと思ったが、
インターネットは普通に使えているので
ツイッターで「#MT5」と検索したら、
フリーズしたという報告がチラホラ出ていた。

アメリカの雇用統計の発表の最中で
トレーダーが一斉に注文したことで
回線がパンクしたのでしょう。

:いかなる原因であろうとその損失は補償されない。

XMは大手のFX業者ですので
私は安心してトレードしていたのですが、
こんなことも起きるとは初体験でした。

「相場は何事も起こりえる世界」

MT4は回線が通っていたようですので
トレーダーの方はMT5を使う人が多いということです。

これをきっかけにして
FX業者はサーバーを補強してもらいたい。

ビットコインに大口資金が集まっている。

 仮想通貨, 企業の事件・事故  ビットコインに大口資金が集まっている。 はコメントを受け付けていません。
9月 222018
 

仮想通貨取引所のZaifがcoincheckと同様に
67億円相当の仮想通貨をハッキングで失ったようです。
(ビットコイン、ビットコインキャッシュ、モナコインなど)
それを受けてBTCが一時69万円くらいまで暴落した。

(BTCのチャート)

このチャートを見たら分かりますが、
ハッキング不正流出事件後の方が
価格が上がっているではないか!!

「なぜ上がっているのか?」

これは私の妄想で恐縮ですが、
大口の機関投資家が爆買いしたと思われます。

「仮想通貨はやっぱダメだな」
とロング保持を決め込んだ素人が弱き派に変わって
「もう売ってしまえ」と投げ売りに出しているのを
すべてかっさらったのだと思う。

ビットコインの発行数量は2100万コイン。
大口が買い占めをしているのがこれで分かった。

『ビットコインは買い』

捨て金がある人は買ってもいいでしょう。

カモに買わせようとする今は、すでに頭打ち状況。

 (株)ワンタップバイ, 企業の事件・事故, 素人・大衆  カモに買わせようとする今は、すでに頭打ち状況。 はコメントを受け付けていません。
9月 042018
 

日本株とアメリカ株の代表株を
1000円から買えるという証券会社があります。

(株)One Tap Buy(ワンタップバイ)
https://www.onetapbuy.co.jp/

会社の沿革を見ると
2016年6月から米国株30銘柄を
スマホで取引できるサービスを開始し、
2017年1月に最少取引額1000円からにした。
(それ以前は1万円)
2017年7月には日本株30銘柄を加える。

Wikiから分かるが、
ソフトバンクが45%の大株主です。

1回の取引のスプレッド(手数料)は0.5%で
月額1058円なら取引回数は無限。
ノミ行為だと思われます。

日本株取扱銘柄
米国株取扱銘柄

このことから分かることは
現在の株式市場には大口投資家がすでに参入し終えていて、
あとはカモである個人投資家を呼び込もうとしている。
1000円から買えるというのは主婦や学生を狙っているということ。

つまり株式市場はお祭りの様相ではないが、
頭打ち感が出ているということです。

私が知ったのはつい最近の2018年9月。
サービスが始まって1年くらい経過しています。

大口も買った、個人も買った。
主婦や学生にも買わせようとしている。

「一体その上の価格で誰が買ってくれるというのでしょうか?」

バカに買わせようとしているのが見え見え。

※大口さんはすでに空売りを仕掛けているかもね。

株式を買うタイミングというのは
いつだって総悲観の時です。
投資家が阿鼻叫喚の渦中にあり、
ニュースや新聞にも「株は怖い」という印象を
我々に植え付けている時です。

ちなみに
2018年9月4日の今日、
どの銘柄が総悲観ぽいのか?

TATERU(1435)です。
不動産融資情報の改竄をしてストップ安。

この会社はほぼ無借金経営。
IOTのマンションを買う人を決めてから建設するから
売れ残りはないし、融資の必要もない。
倒産はないだろう。
不正防止の社内体制をしっかり強化すれば
株価は回復していくと思います。

※株は自己責任でお願いします。

斜陽産業は買うべきではない。

 企業の事件・事故, 斜陽業種  斜陽産業は買うべきではない。 はコメントを受け付けていません。
9月 032018
 

スルガ銀行(8358)が大暴落した。
500円割れもあり得ます。

今チャンスと思ってナンピンで買って
放置しておけばいつか上がってくれると?

銀行業界は全部ダメです(キッパリ)
買ってはいけない!!

スルガ銀行は1年2年すれば1200円くらいになる可能性はある。
(1400円かも)
でも斜陽産業である従来の銀行を買うよりも
スマホで決済できるフィンテック系企業を買う方が
よほど安心して保有できる。

例えばLINEやメルカリ。
(楽天はデカい企業だから株価は重い)

たとえ赤字発表で暴落しても
将来性を見込まれて買いが入ってくる。

もしあなた(あなたの子供)が就職するとしたら
スルガ銀行ですか?
LINEやメルカリですか?

斜陽産業にある会社であるならば
将来性のあるビジネスにシフトすればいいものだが、
そんな会社に限って経営者の頭が固い。
だから本当にダメになるまで意地でもやり通そうとする。

スルガ銀行が復活する方法は、
一度経営陣を入れ替えて
支援先の新しい血を入れなければならない。
これには時間がかかる。
その間に上がりそうな株ならいくらでもありそうです。

少なくともスルガ銀行は買うな。

eスポーツはこれから拡大するので、ゲーム関連は買い。

 ゲーム関連, 中国株  eスポーツはこれから拡大するので、ゲーム関連は買い。 はコメントを受け付けていません。
8月 172018
 

eスポーツ(エレクトロニック・スポーツ)というのは
パソコンのゲームで競い合う
今やスポーツの1つとして見なされるようになっている。

それが中国の政策なのか規制が入ったので
ゲーム関連会社の株価が下がっている。
もともと下げていたのもあるが、
今日16日は総じて下げた。

私はこの下げ基調は3ヶ月くらい続いて
底を模索していく展開だと思う。
だからすぐさま買いだとは言えない。
様子を見ながら少しずつ買いだと思います。

空売りはしない方がいい。
なぜならゲームはスポーツとして
確立していく方向だから
いずれ反転するので。

中国では囲碁や将棋、チェスなどは
「頭のスポーツ」と言われている。
それがパソコン上でできなくなったら
頭のスポーツができずに一部の中国人が怒り出す。

いや、それらは例外で
他のゲームは中毒性があり、若者に害だとすると、
CEROによる年齢制限などの規制に変わっていくだろう。
なぜならゲームは囲碁や将棋などのような頭のスポーツになるから。

娯楽としてのゲームを規制し過ぎると
中国人民が憤懣を溜め込んで、各地で事件が多発する。
中国共産党は暴動だけは怖がる。

人間というのは気晴らしが必要です。
働け働けばかりでは確実に生産性が落ちる。
中国の製造業にも影響が出て
輸出不振にも響いてくる。
それでは外貨を稼げません。

だから3ヶ月くらい様子見です。

(以下抜粋)

ゲーム業界、中国ショック 共産党が統制強める
2018/8/16【日本経済新聞 電子版】

【広州=中村裕】「中国ショック」がゲーム業界を揺さぶっている。ネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)の人気オンラインゲームシリーズ「モンスターハンター:ワールド(モンハン)」は当局の指示により発売5日で配信停止となった。さらに3月以降に認可を申請した新作ゲームの審査はすべて凍結されている。背景には中国共産党の意向があるとされ、ゲーム関連銘柄の株価は軒並み下落している。

テンセントが15日に発表した4~6月期決算は、純利益が前年同期比2%減の約178億元(約2880億円)だった。四半期ベースの減益は、上場して間もない05年7~9月期以来、13年ぶりとなる。市場関係者からは「事実上、初の減益決算と言え、驚きだ」(中国の中堅証券会社幹部)との声が上がった。

一方、売上高は30%増の約736億元(約1兆1860億円)だった。売上高に対する純利益は24%で、依然として高水準にある。だが、株価は足元で年初比約2割も下落した。

「テンセント・ショック」の背景を探ると、今年3月に開かれた中国の全国人民代表大会(全人代、日本の国会に相当)にたどり着く。

■世論工作を強化

中国はその全人代で、テレビや新聞、映画、ゲームなど各種の出版物を監督する従来の国の組織「国家新聞出版広電総局」を解体することを決めた。同組織を大きく3つに解体。ゲームについては共産党の世論工作を担う「中央宣伝部」傘下の新組織が今年3月以降、発売前の審査などを担うよう体制を改めた。

つまり中国でのゲーム事業は国の管轄から党の管轄へと移行した。共産党は再編の狙いを「党による世論工作を強化するため」と明言している。

早速、動きはあった。中国で発売予定のゲームの審査がすべて停止されたのだ。3月以降に申請した新作ゲームは、すべて発売できない事態となっている。

党は、審査停止の理由は一切明かしていない。ただ、ちょうど1年前、共産党機関紙の人民日報はゲーム事業で莫大な利益を稼ぐテンセントを名指しし「利益だけを追求するのでなく、社会的責任を負わなくてはならない」と批判した。

背景には、ゲームにお金をつぎ込みすぎたり、若者に悪影響を及ぼす内容が含まれていたりすることへの懸念があるとみられる。ゲームで育った大量の若者が思いも寄らない方向に動き、ガバナンスがきかなくなることへの恐怖感を指摘する声もある。

すでに審査済みで8日に発売していたモンハンが配信停止を余儀なくされた事情も不明だが、党の強い意向が働いたのは確かだ。

テンセント幹部は15日、「審査凍結でゲーム業界全体が影響を受けている。審査再開はいつになるか見通せない状況だ」と語った。

■関連株が大崩れ

仮に中国共産党が恒久的にゲームの統制に走った場合、関連業界に与える影響は小さくない。

2017年の中国のゲーム市場規模は約3兆4000億円と、すでに日本の約2倍に拡大した。さらに、ゲームは今後、仮想現実(VR)やウエアラブル端末など様々な技術革新の発信源となる可能性が期待されている。産業の裾野は広く、ゲーム業界にとどまらない影響も懸念される。

16日の東京株式市場ではゲーム関連銘柄が大崩れとなった。

テンセントにモンハンをライセンス供与しているカプコンは5%安に沈んだ。中国への本格進出を探っている任天堂も年初来安値を更新。コナミホールディングスやガンホー・オンライン・エンターテイメント、グリー、コロプラなども相次ぎ年初来安値をつけた。「中国市場は今後、有望市場としてみていただけに中国政府の不透明な規制環境は嫌気される」(エース経済研究所の安田秀樹シニアアナリスト)

ゲーム市場に不透明感が浮上したことでSUMCOが一時5.5%安になるなど半導体株も大きく売られた。ほかのアジア市場でも台湾の台湾積体電路製造(TSMC)、韓国のSKハイニックスが安く推移した。

香港市場のテンセント株は16日、325.8香港ドルと、15日終値に比べ約3%安で引けた。13日のモンハンの配信停止以降、株価は特に下げており、配信停止前に比べ株価は足元で約12%下落している。
(以上)